草刈民代、「最後の“ジゼル”」でバレリーナ人生の集大成見せる : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年12月8日 > 草刈民代、「最後の“ジゼル”」でバレリーナ人生の集大成見せる
メニュー

草刈民代、「最後の“ジゼル”」でバレリーナ人生の集大成見せる

2012年12月8日 15:07

舞台挨拶に立った草刈民代と周防正行監督「草刈民代 最後の“ジゼル”」

舞台挨拶に立った草刈民代と周防正行監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本を代表するプリマバレリーナで、現在は女優として活躍する草刈民代のクラシックバレエ最後の公演を、夫の周防正行監督が記録した「草刈民代 最後の“ジゼル”」が12月8日、都内の劇場で封切られ、草刈と周防監督が舞台挨拶に立った。

2009年、世界的な名門バレエ団として知られるレニングラード国立バレエとの共演で行われた「ジゼル」の舞台を収録。草刈の万感の思いが込もった最後の舞台、草刈のバレリーナとしての魅力を余すところなくとらえる。

草刈は満席の会場を見渡し、「これまで感動して涙がこぼれることなんてなかったけど、引退公演の最終日と今日の客席の空気に同じものを感じて心に響いた。泣いちゃったらどうしよう」と感無量の面持ち。8歳から36年間踊り続けてきたが、最後の作品は「ぜひ『ジゼル』を踊りたいと思った。とても演劇的で、最後だからこそ見せられるものがあるという作品。23歳で初めて踊ったけれど、気持ちの強さは最後が1番だった」と振り返る。

周防監督は、「生まれて初めて見たバレエが『ジゼル』。ロシア人の生活を取材するという仕事でモスクワに行って、ボリショイ劇場で『ジゼル』を見た。その時はあまりの退屈さ加減にもう一生バレエを見ることはないと思ったけど、その後バレリーナを主演に映画を撮ることになった(笑)。今思うと本当に不思議」と明かし、笑いを誘っていた。そして、「表現の幅の広さが彼女の持ち味。『ジゼル』のようなバレエを踊っている時はお姫様系のイメージがあるけど、他の作品を見ると驚く。どんな作品でも自分の個性の中で表現してきたんだなと、良い意味でイメージを裏切ってくれる」と草刈の表現の振り幅の大きさに感服していた。

最後に草刈は、「終わりってあっけないものだけど、最後の重みをひしひしと感じられた瞬間。これこそバレエ作品。踊ってきたすべてがそこにあった」と集大成に自信をのぞかせる。また、「踊っている時の姿がこのような形で残ることは一生の宝物。これからはバレエの経験を活かして女優として頑張っていこうと思う」と今後の女優業のさらなる飛躍を誓った。

Shall we ダンス? プレミアム・エディション 初回限定生産版 2枚組[DVD] Shall we ダンス? プレミアム・エディション 初回限定生産版 2枚組[DVD] 最安価格: - 1996年に劇場公開され、日本アカデミー賞主要6部門ほか映画賞を受賞した「Shall We ダンス?」をパッケージ化。美しいダンス講師を見かけたことから、ダンスへの情熱に目覚めていくサラリーマンを中心に描いた感動ストーリー。監督・脚本:周防正行、出演:草刈民代
TOYOTA CROWN CM COLLECTION 1963-2010(初回生産限定)[DVD] TOYOTA CROWN CM COLLECTION 1963-2010(初回生産限定)[DVD] 最安価格: ¥1,975 「日本人の頭と腕」を誇りに、最高の乗用車を造りたい。50余年に渡り受け継がれてきたクラウンスピリットの軌跡を辿るTVCM映像集DVD。山村聡、吉永小百合、村井国夫、森次晃嗣、草刈民代など、それぞれの時代のクラウンを象徴する豪華出演者とコピーが、あなたの想い出を呼び覚まします。初回盤にはファン垂涎の限定トミカヴィンテージ(ミニカー)付!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi