「スター・ウォーズ」前売り鑑賞券にファン殺到!全国27館で初回が完売 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月18日 > 「スター・ウォーズ」前売り鑑賞券にファン殺到!全国27館で初回が完売
メニュー

「スター・ウォーズ」前売り鑑賞券にファン殺到!全国27館で初回が完売

2015年11月18日 20:15

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」場面写真「スター・ウォーズ フォースの覚醒」

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」場面写真
(C)2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 12月18日に公開を控えるシリーズ最新作「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の前売り鑑賞券の先行予約販売が11月18日、全国367館の上映劇場で開始された。同17日深夜からチケット獲得を目指す全国のファンが待ち構え、日付が変わると同時に各劇場のWEBサイトに殺到。問い合わせとアクセスが集中した結果、サーバーダウンする劇場が続出し、同日午後3時時点で東京・TOHOシネマズ日劇、TOHOシネマズ六本木ヒルズ、TOHOシネマズ新宿をはじめとする全国27館で初回上映のチケットが完売した。

予約販売の対象となったのは、12月18日午後6時30分の初回上映と19、20日の3日間に行われる全国“同時刻”特別上映の回で、チケットには「メモリアル・パンフレット」の購入権利という特典が付属していた。さらに、同刻に販売開始となったムビチケオンライン券も、わずか半日で4000枚の売り上げを突破。これは「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」の最終販売枚数(3001枚)を超える数字で、同作の注目度の高さがうかがえる。

全米では10月19日(現地時間)に前売り鑑賞券が販売開始されており、興行予想サイト「Boxoffice.com」では、全米史上最高のオープニング&最終成績となることが予想されている。

今作は、2005年の「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」以来、約10年ぶりに製作・公開されるシリーズ第7作。オリジナル3部作の最終章「ジェダイの帰還」から約30年後を舞台に描いており、完結したと思われていた同シリーズの新たな3部作の幕開けとなることでも注目を集めている。J・J・エイブラムスが監督、ローレンス・カスダンが脚本、ジョン・ウィリアムズが音楽を手がける。

スター・ウォーズ フォースの覚醒」は、12月18日から公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi