昔はタブー、今や傑作モチーフ「うつ病を描いた映画30本」米サイトが選出 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年9月23日 > 昔はタブー、今や傑作モチーフ「うつ病を描いた映画30本」米サイトが選出
メニュー

昔はタブー、今や傑作モチーフ「うつ病を描いた映画30本」米サイトが選出

2015年9月23日 18:19

「サンドラの週末」の一場面「めぐりあう時間たち」

「サンドラの週末」の一場面
(C)Les Films du Fleuve - Archipel 35 - Bim Distribuzione
- Eyeworks - RTBF(Televisions, belge) - France 2 Cinema
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米サイトTaste of Cinemaが、「うつ病を描いた映画30本」をピックアップした。

うつ病を患う人物が登場するというのが選定の基準だが、心因性うつ病と内因性うつ病に限定したという。したがって、依存症や身体障害その他の疾患、また双極性障害や統合失調症など他の精神疾患によって引き起こされるうつ病は除外されている。かつてはタブー視されていたうつ病も、多くの傑作映画で題材にされていることがわかる。

30本は以下の通り。

▽「めぐりあう時間たち」(2002)
▽「メランコリア」(2011)
▽「素晴らしき哉、人生!」(1946)
▽「シングルマン」(2009)
▽「ヴァージン・スーサイズ」(1999)
▽「普通の人々」(1980)
▽「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」(2001)
▽「アパートの鍵貸します」(1960)
▽「リトル・ミス・サンシャイン」(2006)
▽「サイド・エフェクト」(2013)
▽「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」(2008)
▽「Numb(原題)」(2007)
▽「落下の王国」(2006)
▽「アンチクライスト」(2009)
▽「Wristcutters: A Love Story(原題)」(2006)
▽「17歳のカルテ」(1999)
▽「なんだかおかしな物語」(2010)
▽「Cake ケーキ ~悲しみが通り過ぎるまで~」(2014)
▽「サンドラの週末」(2014)
▽「脳内ニューヨーク」(2008)
▽「スケルトン・ツインズ 幸せな人生のはじめ方」(2014)
▽「シルヴィア」(2003)
▽「エンジェル・アット・マイ・テーブル」(1990)
▽「桜桃の味」(1997)
▽「トリコロール 青の愛」(1993)
▽「インテリア」(1978)
▽「ウォールフラワー」(2012)
▽「Helen(原題)」(2009)
▽「オン・エッジ 19歳のカルテ」(2001)
▽「私は『うつ依存症』の女」(2001)

めぐりあう時間たち[Blu-ray/ブルーレイ] めぐりあう時間たち[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 違う時代を生きる3人の女性達の人生をニコール・キッドマン演じる作家ヴァージニア・ウルフの著書「ダロウェイ夫人」を通じて描いた感動作。
メランコリア[Blu-ray/ブルーレイ] メランコリア[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,074 惑星が衝突する。世界に終わりを告げるために―。『ダンサー・イン・ザ・ダーク』ラース・フォン・トリアー監督が描く、かつてない一大SF叙事詩!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi