メランコリア
ホーム > 作品情報 > 映画「メランコリア」
メニュー

メランコリア

劇場公開日

解説

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「アンチクライスト」の鬼才ラース・フォン・トリアーが、巨大惑星の接近で終末を迎えつつある地球を舞台に、人々の孤独と絶望、魂の救済をワーグナー作曲の「トリスタンとイゾルデ」の壮大なメロディにのせて描き出していくドラマ。姉夫婦の豪華な邸宅で盛大な結婚パーティを開くジャスティンは、皆から祝福され幸福感に満たされる一方、どこかでむなしさも感じていた。そんなとき、巨大な惑星「メランコリア」が地球に向けて近づいていることが判明。それは同時に地球滅亡の知らせでもあったが、それを聞いたジャスティンの心はなぜか軽やかになっていく。主人公ジャスティン役のキルステン・ダンストが2011年・第62回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞した。

作品データ

原題 Melancholia
製作年 2011年
製作国 デンマーク・スウェーデン・フランス・ドイツ・イタリア合作
配給 ブロードメディア・スタジオ
上映時間 135分
映倫区分 G

受賞歴

第64回 カンヌ国際映画祭(2011年)

受賞
コンペティション部門
女優賞 キルステン・ダンスト
出品
コンペティション部門
出品作品 ラース・フォン・トリアー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ラース・フォン・トリアーにとっての美しく素敵な終末
メランコリアの映画評論・批評

ラース・フォン・トリアーはほぼ2年にわたり鬱病で療養中だったという。回復後に作ったのが、みずからセラピーだったと称する「アンチクライスト」である。それに続く新作は「メランコリア」と題する。メランコリアとは憂鬱症のことだ。ジャスティン(...メランコリアの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全24件)
  • メランコリア 映像の美しさと内容の憂鬱さがたまらない作品。 ...続きを読む

    ふう ふうさん  2016年9月4日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • ジャックバウアーが薄情過ぎる。 メランコリアは地球に衝突しないと余裕綽々も束の間で衝突確定したら奥さんも子供も置き去りで酷い。 恐れをなしていたのはキーファーサザーランドのみなテイタラク。 最後は潔く地球終焉で置かれた現実を受... ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2016年5月6日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • オススメはしない 愛ではなく暴力を描く作品や、楽しさではなく悲しさを描く作品があるように、この作品は希望ではなく絶望を描く。おそらくこの作品を理解できるのは監督だけでしょう。彼の作品は大概その絶望を描く。難解な手... ...続きを読む

    たまるる たまるるさん  2016年1月18日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

メランコリア メランコリア
メランコリア メランコリア
2012年8月31日 2013年12月28日
¥500 ¥432
ビデオマーケット GYAO!ストア
※プレミアムコースの場合
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi