佐藤浩市&樋口可南子、初の夫婦役で“あうん”の呼吸「この人の妻になれてよかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月13日 > 佐藤浩市&樋口可南子、初の夫婦役で“あうん”の呼吸「この人の妻になれてよかった」
メニュー

佐藤浩市&樋口可南子、初の夫婦役で“あうん”の呼吸「この人の妻になれてよかった」

2015年5月13日 21:20

夫婦役を演じた佐藤浩市と樋口可南子「愛を積むひと」

夫婦役を演じた佐藤浩市と樋口可南子
[拡大画像]

[映画.com ニュース]佐藤浩市樋口可南子が初めて夫婦役で共演した「愛を積むひと」の完成報告会見が5月13日、東京・有楽町の朝日スクエアで行われ、佐藤と樋口をはじめ共演の北川景子野村周平杉咲花吉田羊柄本明朝原雄三監督が出席した。

エドワード・ムーニー・Jr.のベストセラー小説「石を積む人」をもとに、「釣りバカ日誌」シリーズや「武士の献立」の朝原監督が映画化。舞台を北海道に置き換え、亡き妻からの手紙に導かれ、人生に向き合う夫と周囲の人々とのヒューマンドラマを描く。

仕事一筋で生きてきた不器用な夫・篤史を演じた佐藤は、「女房依存症の男を演じました」と挨拶。篤史を残し他界する妻・良子役の樋口との共演を「先輩なんですが世代的にも近いですし、日本映画で接してきた先人たちや、共有する映画に対する意識は近いものがあったと思うので、現場で(打ち合わせなどの)お話しをする必要はなかったです。スッと入ってやれたというのは、今回大変ありがたかったです」と振り返った。これを受け樋口も、「相手がどう変わろうとスッと合わせられる、あうんの呼吸が自然とできる方でした」といい、「この人の妻になれてよかったと思いました」と笑顔をのぞかせた。

北野武監督作「アキレスと亀」以来、約7年ぶりの映画出演となった樋口。近年はソフトバンクのCM「白戸家」での母親役が印象的なだけに、出演の決め手を「(自身が出演する)夫婦の話がとても多かった気がして、ということは、夫婦は面白いと思っていたのかなと思います」と明かし、映画の出来栄えに「見終わった後は、浩市さんのお芝居で泣いてしまいました。あの方(主人公)のお話がすごくうまく夫婦のお話と重なり合って、満ち足りた話だったなと思います」と自信のほどをうかがわせた。

また篤史と良子の一人娘・聡子役の北川は、佐藤とはクライマックスシーンの撮影で初対面を果たしたという。それでも、「浩市さんの方から『今日はさすがに大変なシーンだから、撮影の前に話でもしないか』と声をかけてもらいました」といい、「お芝居をする時に、裏設定のことを話す経験がなかったのですが、『こういう父親だったと思うんだよ』とか聞けて、こうやって役を膨らませていくんだなと肌で感じることができたので、すごく貴重な経験をさせて頂きました」と目を輝かせていた。

愛を積むひと」は、6月20日から全国公開。

武士の献立[Blu-ray/ブルーレイ] 武士の献立[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,926 『釣りバカ日誌』シリーズの朝原雄三が監督を務め、江戸時代に包丁侍として料理の腕を振るった武家に嫁いだ主人公の紆余(うよ)曲折を描く人間ドラマ。
アキレスと亀[DVD] アキレスと亀[DVD] 最安価格: ¥3,201 第65回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に正式出品された北野武監督作品!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi