マイク・リー監督、ピータールーの虐殺を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年5月1日 > マイク・リー監督、ピータールーの虐殺を映画化
メニュー

マイク・リー監督、ピータールーの虐殺を映画化

2015年5月1日 21:30

名匠マイク・リー「ターナー、光に愛を求めて」

名匠マイク・リー
Photo by Samir Hussein/WireImage/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「秘密と嘘」「ターナー、光に愛を求めて」の名匠マイク・リーが、次回作として19世紀に起こった“ピータールーの虐殺”事件を映画化することがわかった。

“ピータールーの虐殺”とは1819年8月16日、マンチェスターのセント・ピーターズ・フィールド広場で、選挙法改正を求めデモ集会を開いていた約6万人の群衆に、騎兵隊が突入して武力鎮圧を図り、15人が死亡、700人が負傷した事件。これにより、政府はさらなる弾圧手段として六法を制定して改革の動きを押さえこんだ。またこの事件は、現在のイギリスの大手新聞ガーディアンの起源であるマンチェスター・ガーディアン紙が創刊されるきっかけともなった。

リー監督はマンチェスターのサルフォード出身であり、この事件について歴史的事実というだけでなく、個人的にも特に共感する物語だと語っている。米ハリウッド・レポーターによれば、「ターナー、光に愛を求めて」でアカデミー賞撮影賞にノミネートされたディック・ポープが再び撮影を手がけ、2017年にクランクインの予定。

リー監督の過去最高のヒット作となった「ターナー、光に愛を求めて」は、ベテラン俳優ティモシー・ポールがイギリスを代表するロマン主義画家ターナーを演じ、カンヌ国際映画祭男優賞を受賞した。同作は、6月20日から日本公開。

家族の庭[DVD] 家族の庭[DVD] 最安価格: ¥927 人もうらやむおしどり夫婦のトムとジェリー。そして息子のジョーも親思いの好青年で、そんな幸せなオーラに惹かれて家を訪ねてくるのは、幸せとは縁遠い人々ばかりで…。ロンドンの四季を通し、人生の絆を描く人間ドラマ。
ハッピー・ゴー・ラッキー[DVD] ハッピー・ゴー・ラッキー[DVD] 最安価格: ¥3,547 『秘密と嘘』『ヴェラ・ドレイク』などで世界中から高い評価を受けるマイク・リー監督が、前向き志向のヒロインが日常を懸命に生きる姿を描いたヒューマン・コメディー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi