田原総一朗、アラン・レネ「夜と霧」は「ヒトラーの恐ろしさが鮮烈に伝わる作品」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月2日 > 田原総一朗、アラン・レネ「夜と霧」は「ヒトラーの恐ろしさが鮮烈に伝わる作品」
メニュー

田原総一朗、アラン・レネ「夜と霧」は「ヒトラーの恐ろしさが鮮烈に伝わる作品」

2015年3月2日 14:15

アラン・レネ「夜と霧」を語った田原総一朗氏「夜と霧」

アラン・レネ「夜と霧」を語った田原総一朗氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース]東京・千代田区の岩波ホールで3月1日、世界で初めてアウシュビッツでの大量虐殺を告発したフランスの巨匠アラン・レネ監督によるドキュメンタリー「夜と霧」(1955)が35ミリ上映され、ジャーナリストの田原総一朗氏がトークイベントに参加した。

田原氏は、同作について「僕だったら生き延びた人、元ナチスの人間に取材をする。しかしアラン・レネはそれをやらず、ストイックに収容所だけを映し、ナレーションだけで作った。ユダヤ人を皆殺しにしようと考えた、ヒトラーの恐ろしさが鮮烈に伝わる作品」と力強く語った。

また、同作製作年と自由民主党の結党が同年であることが興味深いと話し、「戦後70年、日本は戦争の総括をしないままにきてしまった」といい、「ドイツは戦争の総括がができたが、日本はヒトラーにあたるような人物がいなかったので、責任のなすりつけが起きた」と日本の戦後処理の問題を指摘した。

レネ監督の遺作で、大人の恋愛を扱った軽快なタッチの「愛して飲んで歌って」の感想は「コミックな作品。レネのペースに巻き込まれて、振り回された」といい、「二十四時間の情事」「去年マリエンバートで」など難解と言われる代表作の作風について「『夜と霧』がわかりやすい映画だったので、それが恥ずかしくてわかりにくい作品をつくったのではないか」と持論を語った。

今年は戦後70年、アウシュビッツ強制収容所解放70周年にあたり、同イベントは昨年死去したレネ監督の1周忌を追悼する目的で企画された。この日に行われた2度の上映はすべて満席となり、観客の関心の高さが伺えた。「愛して飲んで歌って」は公開中。

去年マリエンバートで[Blu-ray/ブルーレイ] 去年マリエンバートで[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 50年代に「文学とその方法」について論争を巻き起こした作家ロブ・グリエの手法を異才アラン・レネ監督が映画で試み、反響を呼んだ作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi