【第87回アカデミー賞】「バードマン」が作品賞、監督賞含む4冠で幕 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年2月23日 > 【第87回アカデミー賞】「バードマン」が作品賞、監督賞含む4冠で幕
メニュー

【第87回アカデミー賞】「バードマン」が作品賞、監督賞含む4冠で幕

2015年2月23日 14:43

4冠に輝いた 「バードマン」イニャリトゥ監督「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

4冠に輝いた
「バードマン」イニャリトゥ監督
Photo by Kevin Winter/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第87回アカデミー賞の授賞式が2月22日(日本時間23日)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われ、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」が作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞の4冠に輝き、幕を閉じた。これまで受賞歴のなかったイニャリトゥ監督は、一気に3つのオスカー像を手にしたことになる。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に並ぶ4部門を制したのは、ウェス・アンダーソン監督作「グランド・ブダペスト・ホテル」。美術賞、衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞、作曲賞と技術部門を席巻する結果となった。

サプライズは、主演男優賞に輝いた「博士と彼女のセオリー」のエディ・レッドメイン。下馬評では「バードマン」のマイケル・キートンが圧倒的有利と見られていたが、それを制しての受賞となった。「アリスのままで」のジュリアン・ムーアは、3度目の主演女優賞ノミネートで初めての栄冠となり、感無量の面持ちでウィットに富んだスピーチを展開した。

なお、長編アニメーション賞は「ベイマックス」、短編アニメーション賞は「愛犬とごちそう」が戴冠。高畑勲監督作「かぐや姫の物語」、米国在住の堤大介と日系米国人ロバート・コンドウが共同監督を務めた「ダム・キーパー」は受賞を逃した。

受賞結果は以下の通り。

▽作品賞:「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
▽監督賞:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥバードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
▽主演男優賞:エディ・レッドメイン博士と彼女のセオリー
▽主演女優賞:ジュリアン・ムーアアリスのままで
▽助演男優賞:J・K・シモンズセッション
▽助演女優賞:パトリシア・アークエット6才のボクが、大人になるまで。
▽脚本賞:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥニコラス・ヒアコボーネ、アレクサンダー・ディネラリス・Jr.、アルマンド・ボーバードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
▽脚色賞:グレアム・ムーアイミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
▽視覚効果賞:「インターステラー
▽美術賞:「グランド・ブダペスト・ホテル
▽撮影賞:「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
▽衣装デザイン賞:「グランド・ブダペスト・ホテル
▽長編ドキュメンタリー賞:「Citizen Four」
▽短編ドキュメンタリー賞:「Crisis Hotline: Veterans Press 1」
▽編集賞:「セッション
▽外国語映画賞:「イーダ」(ポーランド)
▽音響編集賞:「アメリカン・スナイパー
▽録音賞:「セッション
▽メイクアップ&ヘアスタイリング賞:「グランド・ブダペスト・ホテル
▽作曲賞:アレクサンドル・デプラグランド・ブダペスト・ホテル
▽主題歌賞:“Glory”「セルマ」
▽長編アニメーション賞:「ベイマックス
▽短編アニメーション賞:「愛犬とごちそう
▽短編実写映画賞:「The Phone Call」

グランド・ブダペスト・ホテル〔初回生産限定〕[Blu-ray/ブルーレイ] グランド・ブダペスト・ホテル〔初回生産限定〕[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - ウェス・アンダーソン監督が贈る、究極のおもてなし達人と青年が繰り広げるミステリー・コメディ。
かぐや姫の物語[Blu-ray/ブルーレイ] かぐや姫の物語[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,141 スタジオジブリと高畑勲監督が、日本最古の物語『かぐや姫』に隠された“真実”を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi