東方神起ユンホ本格映画デビュー作「国際市場で逢いましょう」5月16日公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年2月10日 > 東方神起ユンホ本格映画デビュー作「国際市場で逢いましょう」5月16日公開
メニュー

東方神起ユンホ本格映画デビュー作「国際市場で逢いましょう」5月16日公開

2015年2月10日 09:30

「国際市場で逢いましょう」メイン画像「国際市場で逢いましょう」

「国際市場で逢いましょう」メイン画像
(c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2014年12月の公開後、観客動員1310万人を超え韓国歴代3位の大ヒットを記録している「国際市場(原題)」が、邦題「国際市場で逢いましょう」として5月16日に日本公開する。「東方神起」ユンホの本格映画デビュー作としても話題を集めており、このほどユンホ出演シーンの場面写真がお披露目された。

TSUNAMI ツナミ」のユン・ジェギュン監督がメガホンをとった本作は、釜山で最大規模の市場「国際市場」を舞台に、朝鮮戦争、国民儀礼、西ドイツ派遣、そしてベトナム戦争など激動の歴史を通し、家族のために生きた男の生涯を描いたドラマ。戦後の復興の中、貧しいながらも家族団らんのひとときを大事にする姿など、日本人にも共感できるストーリーだ。ファン・ジョンミンが主人公ドクスを青年時代から老齢までを熱演し、ドラマ「LOST」などハリウッドでも活躍する女優キム・ユンジンのほか、オ・ダルスチョン・ジニョンチャン・ヨンナムらが共演する。


東方神起ユンホの出演シーン「国際市場で逢いましょう」

東方神起ユンホの出演シーン
(c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
[拡大画像]

ユンホはベトナム戦争に参加した実在する有名な歌手ナム・ジム役を演じ、迷彩服に身を包み今までにない役柄に挑戦。劇中では、激しい銃撃戦に加え、鼻歌も披露するなどファン必見のシーンが満載だ。ユン・ジェギュン監督は、ユンホに対して「会ってみて人間として素晴らしい人で、役に対する情熱に溢れていた」と絶賛している。

朝鮮戦争時の興南撤収作戦による混乱の中、ドクスは父と生き別れ、母と残された2人の兄妹と共に避難民として釜山で育つ。成長したドクスは家族の生活費を稼ぐため、海外への出稼ぎや、出兵など生死の瀬戸際に立たされながらも、必死に激動の時代を生きていく。

国際市場で逢いましょう」は5月16日ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿ほか全国順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi