吉永小百合「この人となら一緒になれるかも」鶴瓶と次回作では夫婦に? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月11日 > 吉永小百合「この人となら一緒になれるかも」鶴瓶と次回作では夫婦に?
メニュー

吉永小百合「この人となら一緒になれるかも」鶴瓶と次回作では夫婦に?

2014年10月11日 13:55

初日挨拶に立った吉永小百合、成島出監督ら「ふしぎな岬の物語」

初日挨拶に立った吉永小百合、成島出監督ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 吉永小百合が初プロデュースを手がけた主演映画「ふしぎな岬の物語」が10月11日、公開初日を迎え、吉永と竹内結子笑福亭鶴瓶春風亭昇太笹野高史成島出監督が丸の内TOEIで行われた舞台挨拶に立った。

9月に行われた第38回モントリオール世界映画祭で、審査員特別賞など2冠を受賞という快挙を既に成し遂げているが、公開初日を前に吉永は緊張で眠れなかったと明かし、「皆さんのお顔を見て虹が出たようなほっとした気持ちです」と安どの微笑みとともに観客に語りかけた。

3度目の共演となる鶴瓶について問われた吉永は、鶴瓶が司会を務めるトーク番組への出演を振り返り、「プライベートなことまでいつもよりたくさんお話ししてしまった。これも鶴瓶さんのお人柄。この人となら一緒になれるかもと、そういう予感がした。次の映画でぜひ」と夫婦役での共演を提案。鶴瓶は「母べえ」(08)でおじ役、「おとうと」(10)で弟役、今作ではお互いにほのかな思いを寄せあう役ということで、役柄で吉永との距離が徐々に縮んでいくことに「出世したわあ。吉永さんにそうおっしゃっていただいてうれしい」としきりに照れていた。

吉永と二人三脚で今作を完成させた成島監督は「吉永さんと原作探しから長かったようで短かった。この映画が海を渡って虹のふもとまで届いてくれれば」と感無量の面持ち。「撮影していることが毎日幸せだった。そんなことは初めてで、吉永さんを中心に、村の住人になったような気持ちだった」と振り返った。

舞台出演のためこの日の舞台挨拶を欠席した阿部寛は、吉永への感謝と尊敬の念をつづった手紙を寄せ、竹内の代読によって披露された。また、吉永が緊張のあまりにパニックになった竹内を抱きしめ手を握る場面もあり、共演陣の吉永への多大なる信頼感が伝わる舞台挨拶となった。

映画は実在する喫茶店をモチーフにした森沢明夫氏の小説を原作に、のどかな岬で喫茶店「岬カフェ」を経営する女主人・柏木悦子(吉永)とそこに集う常連客の悲喜こもごもを描く。

母べえ 通常版[DVD] 母べえ 通常版[DVD] 最安価格: ¥1,642 野上照代原作「母べえ」を映画化!1940年の東京を舞台に、治安維持法で検挙されてしまった父を想い不安を募らせるも、周囲の人々の温かさに支えられながら懸命に生きる母の姿を描いた、山田洋次監督作品。
おとうと[Blu-ray/ブルーレイ] おとうと[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,959 東京の郊外で、夫の亡き後小さな薬局を営み堅実に生きてきた姉と、大阪で何かと問題を起こしてきた弟の再会と別れを、笑いと涙を織り交ぜながら描いた、山田洋次監督が贈る感動作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi