笑福亭鶴瓶、吉永小百合をめぐって阿部寛にライバル心? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月17日 > 笑福亭鶴瓶、吉永小百合をめぐって阿部寛にライバル心?
メニュー

笑福亭鶴瓶、吉永小百合をめぐって阿部寛にライバル心?

2014年9月17日 07:05

舞台挨拶に立った(左から) 笑福亭鶴瓶、吉永小百合、阿部寛「ふしぎな岬の物語」

舞台挨拶に立った(左から)
笑福亭鶴瓶、吉永小百合、阿部寛
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第38回モントリオール世界映画祭で2冠を達成した「ふしぎな岬の物語」のジャパンプレミアが9月16日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで行われ、主演を務める吉永小百合をはじめ、阿部寛竹内結子笑福亭鶴瓶笹野高史成島出監督が出席。本作で初プロデュースも手がけた吉永が「皆さんに直接お手紙を差し上げて、出演をお願いした」と明かすと、阿部は「僕は計5通もいただいた」。これに対し、鶴瓶は「僕は3通だったけど、ペンももらった」とライバル心を燃やし、約1000人の来場者を笑わせていた。

また、竹内のもとにも吉永からの手紙が届いたといい「本当にうれしかったし、(出演を)断る理由なんてないですよ。直筆の手紙をいただいたからには、額縁を買いに行かなきゃと」と喜びを述懐。吉永も「結子ちゃんの映画は『ストロベリーナイト』とか見ていて、格好いいなと思っていた。いつも主演をやっているけど、何とか出てほしいと願っていた」と初共演に感激した様子だった。

吉永が自ら企画から立ち上げ、森沢明夫の小説「虹の岬の喫茶店」を映画化したヒューマンドラマ。岬の喫茶店を経営する女主人(吉永)と、そこに集う人々の悲喜こもごもを描き、原作のモチーフとなっている喫茶店が実在する千葉県明鐘岬を中心にロケが行われた。

ジャパンプレミアには、本作のために日本のフォークシーンを代表する杉田二郎堀内孝雄、ばんばひろふみ、高山厳因幡晃の5人が結成した新ユニット「ブラザーズ5」が登場し、劇中歌「入っておいで この里に」を熱唱。また、ギタリストの村治佳織が駆けつけ、メインテーマ曲「望郷」を生演奏した。村治の本作への参加が念願だったという吉永は、「佳織さんの演奏で、映画が終わるのが夢だった。ギターって、映画に合うんですよ」とうれしそうに話していた。

ふしぎな岬の物語」は10月11日から全国で公開。

おとうと[DVD] おとうと[DVD] 最安価格: ¥3,201 東京の郊外で、夫の亡き後小さな薬局を営み堅実に生きてきた姉と、大阪で何かと問題を起こしてきた弟の再会と別れを、笑いと涙を織り交ぜながら描いた、山田洋次監督が贈る感動作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi