吉永小百合、鶴瓶もビックリの豪腕ぶり 20年ぶりの投球を披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月7日 > 吉永小百合、鶴瓶もビックリの豪腕ぶり 20年ぶりの投球を披露
メニュー

吉永小百合、鶴瓶もビックリの豪腕ぶり 20年ぶりの投球を披露

2014年8月7日 05:00

豪腕ぶりを披露した吉永小百合「ふしぎな岬の物語」

豪腕ぶりを披露した吉永小百合
(C)2014「ふしぎな岬の物語」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の吉永小百合が、成島出監督と共同で企画し主演も務める映画「ふしぎな岬の物語」の劇中で、見事な豪腕ぶりを見せていることが分かった。吉永が投球を披露するのは、1994年の西武ライオンズ対近鉄バッファローズ戦の始球式に登板して以来、20年ぶりだという。

吉永は、撮入前からキャッチボールの練習を開始し、近所の公園で300球近くを投げ込む自主トレーニングも敢行。撮影現場でもリハーサル終了後や休憩中、野球経験者のスタッフを相手に休むことなく1時間近く投げ続けることもあったという。

本番では吹き替えなしで見事な投球を披露し、ボールを受けた共演者の笑福亭鶴瓶があまりの剛速球に驚き、NGを出してしまうひと幕も。撮影の合間には、投球前に「駿河学くーん」と鶴瓶の本名を呼んで驚かせたり、「ライアンや!」という鶴瓶の振りに対し、元大リーガーのノーラン・ライアンのように左足を高く上げる投球フォームで知られるヤクルトスワローズの小川泰弘投手のマネをしたりと、終始温かなムードに包まれていた様子だ。

この投球シーンは、吉永演じるカフェの店主・悦子と常連客タニさんがキャッチボールをする場面に登場する。悦子と甥(おい)の浩司(阿部寛)の仲が険悪になった時、それを見かねたタニさんが昔のようにキャッチボールをしようと提案。仕事に行かなければならなくなった浩司と交代した悦子は、キャッチボールをしながらタニさんの思いやりに対し感謝の言葉をかけるというシークエンスだ。

豪腕を披露した吉永は、9日に開幕する第96回全国高校野球選手権大会を前に、「野球は大好きなので、毎年、高校野球も楽しみにしています。ハンカチ王子とマー君との試合などは、テレビの前で手に汗握って見ていました。今年も夏の甲子園がいよいよ始まりますが、暑さに負けず、記憶に残るプレーを期待しています」とコメントを寄せた。

ふしぎな岬の物語」は、10月11日から全国で公開。

華の乱[DVD] 華の乱[DVD] 最安価格: ¥2,426 大正時代を舞台に不世出の歌人・与謝野晶子と様々な男女が華々しく生きる姿を描いた文芸大作。大正ロマンチシズムを深作欣二監督と吉永小百合、緒方券、松坂慶子などの豪華出演陣たちが余すところなく再現している。
あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 皇帝...[Blu-ray/ブルーレイ] あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 皇帝...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,454 自衛隊のクーデターを描いた小林久三の原作を、社会派で知られる山本薩夫が映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi