吉永小百合&阿部寛「ふしぎな岬の物語」をモントリオールが熱烈歓迎! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月31日 > 吉永小百合&阿部寛「ふしぎな岬の物語」をモントリオールが熱烈歓迎!
メニュー

吉永小百合&阿部寛「ふしぎな岬の物語」をモントリオールが熱烈歓迎!

2014年8月31日 05:00

モントリオール入りした吉永小百合と阿部寛「ふしぎな岬の物語」

モントリオール入りした吉永小百合と阿部寛
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 成島出監督の最新作「ふしぎな岬の物語」が8月29日(現地時間)、第38回モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門として公式上映され、主役の悦子を演じた吉永小百合と共演の阿部寛が会見に臨んだ。

この日、プレス試写には午前7時30分から長蛇の列ができ、試写後の会見には通常の4倍という約200人の報道陣が結集。その後、インペリアルシネマで行われた公式上映では、普段は解放されない劇場2階席にも立ち見客が出たため、急きょ追加上映が決定した。

主演だけでなくプロデューサーも兼ねた吉永は、きっかけは2011年に発生した東日本大震災だと明かす。「亡くなった方と生きている方の間で命のリレーのようなものが行われてきたと思います。そしてこの作品を原作で読んだ時に、これこそが私がやりたいと思っている作品だと思って選びました。そして、私が選んだという責任があるのでプロデューサーというかたちになりました」。大変な仕事だったといい、「ほとんどちゃんとした仕事をできておりませんけれども、ただ映画の公開までしっかりやっていきたいと思っています」と意気込んだ。

プレス向けの公式会見では、阿部は今作につい「人間はそれぞれ多かれ少なかれ傷を持っていて、それは人と人とが助け合って行くことによって、寄り添って生きていくことによってみんな生きていける」と解説。さらに、「人間を描いた作品ですので、そこを期待しておいてほしいです」と自信のほどをうかがわせた。公式上映後の質疑応答では、阿部が主演した「テルマエ・ロマエ」シリーズの質問が寄せられるひと幕も。阿部は「テルマエで来たわけじゃないんだけどな(笑)」と苦笑しきりだった。

ふしぎな岬の物語」は、10月11日から全国で公開。

フライ,ダディ,フライ[DVD] フライ,ダディ,フライ[DVD] 最安価格: - 傷ついた娘のために立ち上がる父親と、仲間と共にその父親を鍛える高校生を描いた作品。岡田准一、堤真一ほか出演。
八日目の蝉 スタンダード版[DVD] 八日目の蝉 スタンダード版[DVD] 最安価格: ¥2,873 直木賞作家・角田光代のベストセラー小説が衝撃の映画化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi