吉永小百合、女優を引退しても映画製作に…モントリオールで思いを語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月1日 > 吉永小百合、女優を引退しても映画製作に…モントリオールで思いを語る
メニュー

吉永小百合、女優を引退しても映画製作に…モントリオールで思いを語る

2014年9月1日 18:20

モントリオール映画祭に参加した吉永小百合(右)と阿部寛「ふしぎな岬の物語」

モントリオール映画祭に参加した吉永小百合(右)と阿部寛
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優・吉永小百合の主演最新作で、第38回モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門に出品された「ふしぎな岬の物語」が8月29日(現地時間)、公式上映された。公式会見に出席した吉永と共演の阿部寛は、上映で得られた感触や感動についてコメントした。

吉永は、「正式上映を終えて今ホッとしております」と素直な心情を吐露し、続けて「とても観客の皆様が私たちを温かく包んでくださいましたし、思っていたよりもずっとこの映画に反応してくださいました」と胸をなでおろした様子だ。阿部も、「(上映後に行われた観客とのティーチインで)的確な質問をくださいまして、すごくよく見てくれていましたので、改めてこの作品の良さを自分たちが発見することも出来ました」と話した。

同作は、吉永が初めて企画から携わった作品で、「八日目の蝉」の成島出監督がメガホンをとり、のどかな岬にある喫茶店を経営する女主人と、店に集う人々の悲喜交々を描いたヒューマンドラマ。「プロデューサーの醍醐味を感じるか?」と聞かれた吉永は、「まだまだ新米プロデューサーで、これで味をしめてはいけないと思っています」と謙虚な姿勢を貫いた。その上で、「封切りまで精いっぱい集中したいです。もう少しで俳優としての道が終わって、なんらかの形で映画の世界にいさせてもらうことがあれば、プロデューサーでなくてもスタッフの一員としてやっていければと思います」と、映画製作に携わり続けていく意思を示した。

さらに、監督業への意欲を問われると「監督というのは絵心がないとダメだと思うんです。見ることは好きなのですが、実際にコンテとかも書けませんし、そういうコンダクターになることは難しくて、サポート要員としては、裏方ですとか忘年会の幹事が向いているような……もしやるとしても次回もそういうことをやらせていただきたいです」と答えた。

ふしぎな岬の物語」は10月11日から全国公開される。

まぼろしの邪馬台国[DVD] まぼろしの邪馬台国[DVD] 最安価格: ¥108 盲目の夫の目となり杖となり、様々な障害を乗り越えて後に、ベストセラー本『まぼろしの邪馬台国』を著した夫婦の愛を描く人間ドラマ。
八日目の蝉 特別版[Blu-ray/ブルーレイ] 八日目の蝉 特別版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,758 直木賞作家・角田光代のベストセラー小説が衝撃の映画化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi