ピアース・ブロスナン、ティム・バートンにバットマンをオファーされていた : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月26日 > ピアース・ブロスナン、ティム・バートンにバットマンをオファーされていた
メニュー

ピアース・ブロスナン、ティム・バートンにバットマンをオファーされていた

2014年8月26日 11:10

バットマン役を辞退していたピアース・ブロスナン「バットマン」

バットマン役を辞退していたピアース・ブロスナン
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「007」シリーズで5代目ジェームズ・ボンドを務めたピアース・ブロスナンが8月20日、米ネット掲示板RedditのAMA(Ask Me Anything/何でも聞いて・何か質問ある?)に登場した。

ブロスナンは、ファンからの「あなたは最高のボンドだった。でも、バットマンをやっても素晴らしかっただろうと思う。今までオファーされたことはある?」という問いに、「あるよ」と告白。「バットマン役について話し合うために、ティム・バートンと会った。でも、どうしても真剣に考えられなかったんだよ。パンツの上に下着のパンツを履くような男のことを、本気で受け入れることはできない」と打ち明けた。

ブロスナンが辞退した結果、バートン監督の「バットマン」(1989)と「バットマン リターンズ」(92)は、マイケル・キートンがバットマンを演じた。

当時はバットマンを演じるなどバカバカしいと思っていたというブロスナンだが、「私はなんて間違った考えを持っていたんだ」と後悔を明かし、「誤解しないでほしい。私はバットマンが好きだし、バットマンとともに成長してきた。アイルランドにいた子どもの頃、仲間と首の回りにレインコートを巻いて自転車置き場を走り回ったよ」と語った。

ブロスナンは、「007 ゴールデンアイ」から「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」、「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」、「007 ダイ・アナザー・デイ」の4作品に主演。新作は、ロジャー・ドナルドソン監督のサスペンスアクション「The November Man(原題)」で、「007 慰めの報酬」(ダニエル・クレイグ主演)のボンドガール、オルガ・キュリレンコと共演している。8月27日から全米公開。

バットマン リターンズ[Blu-ray/ブルーレイ] バットマン リターンズ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,080 社会への憎悪を糧に生きてきた怪人ペンギンと冷酷な実業家シュレック、そして夜の女王キャットウーマン…。街を恐怖に陥れた彼らとバットマンの戦いを描いた傑作SFXアクションのシリーズ第2弾。
ワールド・イズ・ノット・イナフ<デジタルリマスター・バージョン>[DVD] ワールド・イズ・ノット・イナフ<デジタルリマスター・バージョン>[DVD] 最安価格: ¥933 007シリーズ第19作。主演のピアーズ・ブロスナンほか、豪華なキャストによる迫力満載のハードアクション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi