ピアース・ブロスナン、「007」シリーズにおける自身の演技を後悔 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年4月23日 > ピアース・ブロスナン、「007」シリーズにおける自身の演技を後悔
メニュー

ピアース・ブロスナン、「007」シリーズにおける自身の演技を後悔

2014年4月23日 12:25

ピアース・ブロスナン「007 ゴールデンアイ」

ピアース・ブロスナン
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 5代目ジェームズ・ボンドとして「007」シリーズで4作品にわたって主役を務めたピアース・ブロスナンが、自らの演技を後悔していることを明らかにした。

英テレグラフ紙のインタビューで明らかにしたもので、「わたしはボンドとしては不十分だった」と発言。「バイオレンスにはリアリティがなく、あの男の暴力には迫力がまったく感じられない。とてもおとなしく、キャラクター像にもリアリティが欠けていて、うわべだけだ。もしかしたら、ジェームズ・ボンドをうまく演じなくてはならないという不安を抱えていたことと関係があるのかもしれないね」

ブロスナンは「007 ゴールデンアイ」から「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」、「007 ワールド・イズ・ノット・イナフ」、「007 ダイ・アナザー・デイ」の4作品に出演。いずれも大ヒットを記録しているものの、初代のショーン・コネリーや3代目ロジャー・ムーアと比較されることで、常にプレッシャーを感じていたという。

なお、後任のダニエル・クレイグピアース・ブロスナン版とは異なるリアルなジェームズ・ボンド像を打ち出して成功を収めている。

愛さえあれば[DVD] 愛さえあれば[DVD] 最安価格: ¥2,052 美しい南イタリア・ソレントを舞台に、軽快なセリフとユーモアで、希望あふれる再生への道を描いた爽やかな感動作。出演:ピアース・ブロスナン
ダイ・アナザー・デイ <アルティメット・エディション>[DVD] ダイ・アナザー・デイ <アルティメット・エディション>[DVD] 最安価格: ¥2,921 007シリーズ20作目。ピアース・ブロスナン演じるジェームズ・ボンドが北朝鮮、香港、キューバ、イギリス、アイスランドと世界中を駆けめぐるスパイ・アクション・ムービー。ボンド・ガールにハル・ベリーを迎えた大ヒット作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi