「マン・オブ・スティール」が世界興収5億ドルを突破! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年7月8日 > 「マン・オブ・スティール」が世界興収5億ドルを突破!
メニュー

「マン・オブ・スティール」が世界興収5億ドルを突破!

2013年7月8日 21:00

新・スーパーマンが全世界を席巻中!「スーパーマン」

新・スーパーマンが全世界を席巻中!
TM & (C) 2013 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
ALL RIGHTS RESERVED. TM & (C) DC COMICS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全米オープニング興行収入約1億1600万ドルを記録し、6月公開作の歴代新記録を達成した「マン・オブ・スティール」の全世界興収が、6月29日時点で5億ドルを突破したことが分かった。

同作は、DCコミックの伝説的スーパーヒーロー“スーパーマン”を、「ダークナイト ライジング」のクリストファー・ノーランがプロデュース、「300 スリーハンドレッド」のザック・スナイダーが監督を務める強力タッグで現代によみがえらせる超大作プロジェクト。全米2000館規模での先行上映や、全米公開直前に続編の製作が決定するなど、これまでに例を見ない展開でも注目を集めている。

全米の累計興収は、7月8日現在で約2億7100万ドルにのぼり、全世界興収は約5億8680万ドル。全米と同時期公開されたイギリス、韓国、メキシコ、カナダ、アルゼンチンほかでの大ヒットはもちろん、翌週以降の公開となったフランス、イタリア、スペイン、ロシア、中国など世界52カ国ほとんどのテリトリーで、週末興行ランキング初登場No.1を獲得する快挙を果たしている。

マン・オブ・スティール」は、これまでのスーパーマン映画のイメージを一新し、異能の力を持つ青年が自らの存在意義を求め、人類に迫る危機を目前にして、救世主として力を解き放つ姿を描く“スーパーマン誕生”の物語。心を熱くするドラマ性と、スピードと重量感あふれる最新VFXアクションが見ものの3D超大作だ。スーパーマンを演じるのは、初の英国人俳優となったヘンリー・カビル。ヒロインの新聞記者ロイス・レーンをエイミー・アダムス、スーパーマンの養父母役としてケビン・コスナーダイアン・レイン、そしてスーパーマンの実父にラッセル・クロウと、アカデミー賞に縁のある俳優陣が脇を固めているのも注目だ。

日本公開は8月30日。1978年の「スーパーマン」シリーズ第1作は、日本でも配給収入28億円(興収換算約56億円)を記録し、同年の洋画No.1ヒットを達成しているだけに、新たなるスーパーマン「マン・オブ・スティール」がどのような記録をうち立てるかにも期待がかかる。

【初回数量限定生産】ダークナイト ライジング BATMAN CO...[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回数量限定生産】ダークナイト ライジング BATMAN CO...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥8,208 ダークナイトが夜の闇に消え、一瞬にしてヒーローから逃亡者となってしまったあの夜から8年。ゴッサムを恐怖のどん底に陥れるベインの出現によって、ブルース・ウェインは自ら課した“潜伏期間”を切り上げざるを得なくなり、再びケープとマスクを身にまとう…。監督:クリストファー・ノーラン
300〈スリーハンドレッド〉[DVD] 300〈スリーハンドレッド〉[DVD] 最安価格: ¥906 伝説的な史実「テルモピュライの戦い」を基に、侵略を目論むペルシア軍の大軍100万人に、たった300人の兵士で立ち向かったスパルタ軍の男たちの勇姿を描いた衝撃の歴史スペクタクル。監督:ザック・スナイダー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi