ミスチル、佐藤健&綾瀬はるか「リアル」主題歌!バンド史上最高のロックに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年3月14日 > ミスチル、佐藤健&綾瀬はるか「リアル」主題歌!バンド史上最高のロックに
メニュー

ミスチル、佐藤健&綾瀬はるか「リアル」主題歌!バンド史上最高のロックに

2013年3月14日 05:00

脚本を何度も読み込んで「REM」を完成させたMr.Children「REM(レム)」

脚本を何度も読み込んで「REM」を完成させたMr.Children
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ロックバンド「Mr.Children」が、佐藤健綾瀬はるかがダブル主演を務める黒沢清監督作「リアル 完全なる首長竜の日」の主題歌として、新曲「REM」を書き下ろしていたことがわかった。

同バンドは、これまでに「どろろ」「僕等がいた 前篇」「僕等がいた 後篇」など、さまざまなジャンルの映画で、その世界観に沿った主題歌を手がけ、映画を大ヒットに導いてきた。今回は、映画に描かれる「愛する人の意識に入っていく衝撃や戸惑い」「仮想と現実を行き来する極限の愛」を、独自の世界観で構築した衝撃作が完成した。

楽曲を聴いた主演の佐藤は、「こんなミスチル聴いたことないと思うくらい攻めていて、かっこいい曲だと思いました」と感激しきり。さらに、「中学生の頃から大ファンだったので、今回の話は本当にうれしいです。この独特の雰囲気の映画と交わって、どんな化学反応を見せてくれるのか、劇場で味わうのが今から楽しみです」と話している。

一方、同バンドの桜井和寿は「この作品と出合えたことで、潜在意識に眠っていた不思議な感情が『新たな音』となり目を覚ましました」と述懐。そして、だからこそ「感謝するとともに、この映画が多くの人の心を揺さぶる、そのお手伝いを少しでもできればうれしく思います」とコメントを寄せた。

同作の平野隆プロデューサーは、「REM」の出来栄えに興奮を隠し切れない様子で「この曲は彼らがロックバンドであるということを知らしめる伝説的な一曲になると思います」と大絶賛。ボーカルの桜井が脚本を何度も読み込んでいたことに触れ、「『REM』は映画の頭から映画全体を歌っている曲なんですよね。桜井さんは、映画の台本を何度も読んで書き下ろし、日本のロック界の金字塔になるような曲を作ってくれました」と手放しで喜んでいる。

リアル 完全なる首長竜の日」は、6月1日から全国で公開。

Mr.Children TOUR POPSAURUS 2012[Blu-ray/ブルーレイ] Mr.Children TOUR POPSAURUS 2012[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,372 新たに発売されたベスト盤のリリースと共に蘇った全国ドームTOUR「MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012」。本作は全国6会場・14公演57万人を動員した巨大ツアーのハイライト。
Mr.Children Tour 2009~終末のコンフィデンスソングス~[DVD] Mr.Children Tour 2009~終末のコンフィデンスソングス~[DVD] 最安価格: ¥4,653 アルバム「SUPERMARKET FANTASY」を引っ提げ、2009年2月より行われたツアー「Mr.Children Tour 2009~終末のコンフィデンスソングス~」から5月14、15日の日本武道館公演の模様を完全収録!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi