ミスチルの軌跡たどるドキュメンタリーが公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年7月30日 > ミスチルの軌跡たどるドキュメンタリーが公開
メニュー

ミスチルの軌跡たどるドキュメンタリーが公開

2010年7月30日 00:00

ミスチルの音楽を愛する姿をたっぷりと「Mr.Children / Split The Difference」

ミスチルの音楽を愛する姿をたっぷりと
(C)OORONG-SHA
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ミスチル」の愛称で親しまれる人気バンド「Mr.Children」のドキュメンタリー「Mr.Children/Split The Difference」が、9月4日から2週間限定で劇場公開されることが分かった。

同バンドは、2008年にリリースしたアルバム「SUPERMARKET FANTASY」が150万枚の大ヒットを記録。09年は全国ツアーで80万人を動員するなど、1992年のメジャーデビューから18年がたった今も絶大な人気を誇る。しかし、09年発表の映画「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」主題歌「fanfare」はデジタル配信限定、NTTのCMソング「365日」は未発売のままで、08年の「HANABI」以降シングルリリースはない。テレビをはじめとしたメディアへの出演も、08年12月31日の紅白歌合戦を最後に遠ざかっている。

そんな同バンドが水面下で行っていたのが、「Mr.Childrenの最高の状態を記録する」ためのスタジオライブ「Split The Difference」。今年3月から4月にかけて計6回、ホームグラウンドのレコーディングスタジオなどを会場に、メンバーの友人や事務所スタッフらを招待して敢行した。1000人程度の関係者しか見ていない幻のライブで、心から演奏したい曲を演奏したいアレンジで披露しているという。

映像は、「アウトプットは決めずに、ただ音と映像の記録を残したい」という桜井和寿(ボーカル&ギター)の思いから、身近にいるスタッフがデジタル一眼レフカメラを使って撮影。ライブに限らず、ミーティングやスタジオでのリハーサルに密着し、メンバーと小林武史プロデューサーの5人が、選曲やアレンジを決めていく瞬間もカメラに収めた。

タイトルの「Split The Difference」は、「中間」や「歩み寄る」という意味。「レコーディングとライブの間」「Mr.Childrenとオーディエンスの間」「本気と遊びの間」といった思いが込められているという。

同バンドからは、「演奏したい人がいて、それを聴きたい人がいて、ただただ楽しい時間のために音楽が存在する。そんな音楽の『あたりまえ』を一緒にいかがでしょう?」とメッセージが寄せられている。

9月4日から17日まで、東京・新宿ピカデリーほかにて2週間限定公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi