9・11の遺族が「ゼロ・ダーク・サーティ」に抗議 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月27日 > 9・11の遺族が「ゼロ・ダーク・サーティ」に抗議
メニュー

9・11の遺族が「ゼロ・ダーク・サーティ」に抗議

2013年2月27日 19:30

キャスリン・ビグロー監督作「ゼロ・ダーク・サーティ」「ゼロ・ダーク・サーティ」

キャスリン・ビグロー監督作「ゼロ・ダーク・サーティ」
Jonathan Olley (C)2012 CTMG. All rights reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米同時多発テロの犠牲者の家族が、キャスリン・ビグロー監督の「ゼロ・ダーク・サーティ」に抗議をしていると、ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。

同作は、CIAによるオサマ・ビンラディン捜索を描く物語で、冒頭では真っ暗の画面に、同テロの犠牲者が最期に交わした電話の声が流れる構成になっている。この「演出」にクレームをつけたのは、アメリカン航空11便のキャビンアテンダント、ベティ・アン・オングさんの遺族だ。

ゼロ・ダーク・サーティ」の冒頭では、アメリカン航空11便がワールド・トレード・センターに直撃する前のベティさんの生々しい音声が無許可で使用されていることから、謝罪を要求する書簡を同作の脚本家であり、プロデューサーを務めるマーク・ボールに送付。もし、アカデミー賞を受賞することがあれば受賞スピーチでの謝罪とともに、ベティさんの名前を冠したチャリティへの寄付、ビデオ版にベティさんの名前のクレジットなどを求めていた。

ハート・ロッカー【期間限定価格版】[Blu-ray/ブルーレイ] ハート・ロッカー【期間限定価格版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 若き米兵士3人を主人公に、2004年の夏、バグダッド郊外での彼らの38日間の任務を追う戦争アクション映画。監督は今作品で史上初の女性オスカー監督となったキャスリン・ビグロー。脚本:マーク・ボール
ハートブルー アドバンスト・コレクターズ・エディション[DVD] ハートブルー アドバンスト・コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥927 『K-19』のキャスリン・ビグロー監督が、キアヌ・リーヴス主演で贈るクライムアクション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi