クレイジーケンバンド、阿部寛主演「つやのよる」で8年ぶり映画主題歌担当 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年11月14日 > クレイジーケンバンド、阿部寛主演「つやのよる」で8年ぶり映画主題歌担当
メニュー

クレイジーケンバンド、阿部寛主演「つやのよる」で8年ぶり映画主題歌担当

2012年11月14日 04:00

主題歌を担当したクレイジーケンバンドの横山剣「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」

主題歌を担当したクレイジーケンバンドの横山剣
(C)2013「つやのよる」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ファンクロックバンド「クレイジーケンバンド」が、阿部寛行定勲監督が初タッグを組んだ「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」の主題歌のため、新曲「ま、いいや」を書き下ろしたことがわかった。同バンドが映画主題歌を担当するのは、「約三十の嘘」(2004)に提供した「あぶく」以来、約8年ぶりとなる。

今回のコラボレーションは、「(横山)剣さんの艶のある歌声はどうしようもない男と女の物語にぴったり」という行定勲監の提案に、横山が快諾したことから実現。さらに、横山のスケジュールが合わずかなわなかったが、行定監督は伊豆大島の男かバーの店長役で、本編出演を依頼していた。

同楽曲は、横山が作曲のほか行定監督とともに作詞も手がけ、つやのあるセクシーな楽曲に仕上げた。横山は「台本を読んだり、映画のプロトタイプを見たりした数日後、『ま、いいや』というフレーズとメロディーが一緒に出てきた。歌詞も考えるというよりは感覚的に出てきたものだけれど、どうしても埋まらない部分が数カ所あった。そこを行定監督にお願いしたところ、非常につやのあるセクシーな響きのある楽曲に仕上がった」と楽曲誕生の経緯を明かした。

行定監督は、「シナリオ執筆中から『クレイジーケンバンド』に主題歌をやっていただけたらと思っていたので、受けてくださると聞いたときは本当にうれしかった」を感激しきり。「デモを聞いた瞬間から忘れられないフレーズで、2回目には歌えるほど、心をつかまれるインパクトのある曲でした。この曲は映画の余韻とともに主人公のその後の気持ちを語っていますので、席を立たずに最後まで聞いてほしい」とアピールした。楽曲を聞いた阿部は、「男の弱点と女の本音を歌にした、映画を彩るとてもセクシーな男の歌。作品にさらに軽妙なスパイスをふりかけてくれた剣さんに感謝」と語っている。

原作は、直木賞受賞作家・井上荒野氏の恋愛小説「つやのよる」(新潮社刊)。妻の艶(つや)ががんに侵された現実を受け止められない男と、突然発覚した夫や恋人のかつて関係を持った女性・艶の存在に揺れ動く女の姿を描く。小泉今日子野波麻帆風吹ジュン真木よう子忽那汐里大竹しのぶら豪華女優陣が集結した。

つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」は、2013年1月26日から全国で公開。

テルマエ・ロマエ 豪華盤(特典BD付 2枚組)[Blu-ray/ブルーレイ] テルマエ・ロマエ 豪華盤(特典BD付 2枚組)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,024 古代ローマ帝国の設計技師(風呂専門)の男が浴場のアイデアに悩みまくった挙句、現代日本の銭湯にタイムスリップ!?出演:阿部寛
MINT CONDITION 2010[DVD] MINT CONDITION 2010[DVD] 最安価格: ¥4,936 2010年11月29日に神奈川県民ホールで行われた「MINT CONDITION 2010」からの模様を中心に、2010年夏のディナーショー「SUMMER BREEZE 2010」も収録したライブDVD。アーティスト:クレイジーケンバンド

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi