阿部寛、恋愛群像劇「つやのよる」主演で行定勲監督と初タッグ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年6月16日 > 阿部寛、恋愛群像劇「つやのよる」主演で行定勲監督と初タッグ
メニュー

阿部寛、恋愛群像劇「つやのよる」主演で行定勲監督と初タッグ

2012年6月16日 07:00

「つやのよる」に主演する阿部寛「テルマエ・ロマエ」

「つやのよる」に主演する阿部寛
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の阿部寛が、行定勲監督が井上荒野氏の恋愛小説を映画化する「つやのよる」に主演することがわかった。行定監督と初めてタッグを組む阿部は、「いままでやったことがない世界観の作品を存分に味わいたい。行定監督の妥協せずまじめに作品に取り組む、その世界にどっぷりつかって楽しみたい」と強い覚悟をにじませている。

主演作「テルマエ・ロマエ」が興行収入50億円を突破する大ヒットを飾っている阿部。今作では、奔放な妻・艶(つや)に振り回され続けながら、愛のために生きる主人公・松生を演じる。メガホンをとる行定監督は、原作を読んだときに阿部のことが頭をよぎったそうで「不貞を犯す妻を真面目に実直に愛する姿が、ぴったりだと思ったからです。実際にお会いした阿部さんの印象は、まさに私の思い描いていた通りだった」という。そして、「阿部さんの醸し出すユーモアが大好きです。それがこの映画のエッセンスになればいいなと思っています」とコメントを寄せた。

直木賞受賞作家である井上氏は、“全身小説家”と称された井上光晴氏の長女。著作が映画化されるのは、今回は初となる。駆け落ちをして大島に移住した松生は、何度裏切られても献身的に愛してきた妻ががんに侵されこん睡状態に陥ったことを、現実として受け止められずにいる。そんなとき、艶が関係を持った男たちに、艶の死を知らせるという考えがひらめく。

松生が危篤を知らせるのは男たちだが、夫の、恋人の、父の様子から艶との肉体関係に勘付いてしまう女たち。歩んできた人生に突然割り込んできた艶という女性の存在に、女たちは困惑を隠せない。よく知っているはずの“男”が自分の知らない表情を見せたとき、女たちは「自分の男」を見つめ直し始める。この恋愛群像劇で、阿部が対峙(たいじ)することになる男たち、女たちには、豪華キャストが名を連ねている。6月1日にクランクインし、7月中旬に撮了を予定している。

「つやのよる」は、新春に全国で公開予定。

世界の中心で、愛をさけぶ スペシャル・エディション[DVD] 世界の中心で、愛をさけぶ スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥648 女性を中心に社会現象を起こした片山恭一原作の究極の純愛ストーリーがついに登場。監督、脚本:行定勲
ステキな金縛り スタンダード・エディション[DVD] ステキな金縛り スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,175 『ザ・マジックアワー』の三谷幸喜監督がオールスターキャストで贈るハートウォーミングコメディ。出演:阿部寛

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi