堤幸彦監督、こん身作「MY HOUSE」はヒーロー映画になっていたかも!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月26日 > 堤幸彦監督、こん身作「MY HOUSE」はヒーロー映画になっていたかも!?
メニュー

堤幸彦監督、こん身作「MY HOUSE」はヒーロー映画になっていたかも!?

2012年5月26日 14:08

最新作が封切られ感無量の面持ちの堤幸彦監督ら「MY HOUSE」

最新作が封切られ感無量の面持ちの堤幸彦監督ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 堤幸彦監督が5年の歳月をかけ製作したモノクロ映画「MY HOUSE」が5月26日、全国16スクリーンで封切られ、堤監督をはじめ、原作者の坂口恭平、脚本を手がけ主人公とともに路上生活する“先生”を演じた佃典彦が、東京・新宿バルト9で舞台挨拶を行った。

建築家である坂口氏のルポ「TOKYO 0円ハウス 0円生活」(河出文庫刊)と、小説「隅田川のエジソン」(幻冬舎文庫刊)を原作に、堤監督が路上生活者の生き方を通して“自由と幸せ”の本質を問いかける野心作。現在公開中の「劇場版 SPEC 天」をはじめ、大型エンタテインメント作を数多く手がけてきたが「今回は娯楽色が全くない作品にしたかった。色もない、音もない、セリフも少ない。ないない尽くしなので、伝えていくのが大変だった」と宣伝に苦心した様子。それでも「賛否あると思うが、もしいいと感じていただけたなら、周りの方々にも薦めてほしい」と挨拶にも力がこもった。

隅田川のブルーシートハウスに住む“都市の達人”鈴木さんを軸に、エリートコースを目指す中学生や潔癖症の主婦ら、交わるはずのない人たちの生活がある事件をきっかけに交錯していく。堤監督がメガホンをとるとあって、当初はより規模の大きな作品になる構想もあったというが「その分、表現が甘くなっていき、最終的には鈴木さんが公園の子どもたちのヒーローになりかけたことも……。なので1回、作るのをあきらめ、ゼロに戻した」。完成した作品は「本来の姿」だといい、「思い起こせばいろいろあった」としみじみ語っていた。

坂口氏は「堤監督からの電話から、1本の映画が生まれるなんて。今、ここに立っていることが現実なのかわからない」と目を白黒。昨年3月のクランクイン直後には、以前から安全性に懸念を抱いていたという原発での事故が発生し「映画のほうが、現実であってほしいと思うほど」と複雑な胸中を吐露した。シナリオを手がけた佃は、堤監督から「セリフが多い」という注文を数回受けたそうで「でも試写を見たら、もっと削られていて……」と苦笑い。堤監督は「すみませんでした」と平謝りだった。

SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 DVD-BOX[DVD] SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥16,005 警視庁は未解決事件の捜査強化のため、プロによる犯行とされる事件や、国や政治・宗教団体絡みの不可解な事件など、捜査一課では手に余る事件を主に扱う「未詳事件特別対策係(通称:ミショウ)」を設立する…。西荻弓絵、堤幸彦といったドラマ『ケイゾク』のスタッフたちが贈る新感覚の刑事ドラマ。
スシ王子! DVD-BOX[DVD] スシ王子! DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥15,390 “お前なんか握ってやるっ!”かつて天才寿司王子と呼ばれた天才寿司職人の米寿司は、拳の握り方の神髄を知るために、指南書の教えに従い、日本全国を旅して修行に励み、行く先々で刺客と寿司対決を繰り広げるが…。脚本:堤幸彦/佃典彦

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi