堤幸彦監督が“本当に撮りたかった”「MY HOUSE」ビジュアル初公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年2月28日 > 堤幸彦監督が“本当に撮りたかった”「MY HOUSE」ビジュアル初公開
メニュー

堤幸彦監督が“本当に撮りたかった”「MY HOUSE」ビジュアル初公開

2012年2月28日 12:00

堤監督の意欲作に否が応でも期待が高まる「MY HOUSE」

堤監督の意欲作に否が応でも期待が高まる
(C)2011「MY HOUSE」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「20世紀少年」シリーズ、「BECK」の堤幸彦監督がメガホンをとったモノクロ映画「MY HOUSE」のポスタービジュアルが、このほど公開された。構想期間に5年を要し、堤監督が“本当に撮りたかった”意欲作で、「あなたの“幸せ”を心地よく破壊する。」という潔さすら感じるキャッチコピーが掲出されている。

原作は、建築家・坂口恭平氏のルポ「TOKYO 0円ハウス 0円生活」と、書き下ろし小説「隅田川のエジソン」。著者が隅田川のブルーシートハウスに住む“都市の達人”鈴木さんを取材し、「東京で1円もかけずに暮らす」ことで浮上する理想の家と生活のあり方に焦点を当てる。堤監督は、週刊誌「AERA」に掲載された坂口氏の記事を読み、映画化への思いに突き動かされたという。

愛知・名古屋を拠点に活動するシンガーソングライター・いとうたかおが、主人公・鈴木さんを演じる。公開されたポスタービジュアルでも顔半分が映りこみ、迷いのない眼差(まなざ)しは、どこまでも力強い。

また堤監督は今回、鈴木さんの既成概念を打破する生き方に触発され、これまで手がけてきたエンタテインメント作品で得意としてきた、情報量の多い画や音楽を多用する作風を封印。あえて華美な演出と決別し、故郷・名古屋で約3週間の“戦い”に挑んだ57歳のベテラン監督の新境地に、大きな注目が集まる。

MY HOUSE」は、5月26日から全国で公開。

「BECK」通常版[DVD] 「BECK」通常版[DVD] 最安価格: ¥2,948 ハロルド作石による大ヒットコミックを水嶋ヒロ、佐藤健ら豪華キャスト共演で映画化した青春ドラマ。監督:堤幸彦
SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 Bl...[Blu-ray/ブルーレイ] SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 Bl...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥20,218 戸田恵梨香と加瀬亮がW主演を務め、特殊能力を持った犯人を追うふたりの刑事の活躍を描いたミステリードラマのBOX。監督:堤幸彦

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • LOGAN ローガンの評論 LOGAN ローガン ヒュー・ジャックマンが17年間追い求めてきた魂の最終形がここにある
  • 20センチュリー・ウーマンの評論 20センチュリー・ウーマン 世代の違う三人の個人史として描かれる女性史。演じる女優が素晴らしい!
  • 美しい星の評論 美しい星 原作に真っ向から対峙しつつ巧みに脚色。吉田大八の永年の夢は見事に成就した
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

(有)トライワークス

「とにかく映画が好きだ!という方」「編集・取材に興味あり!という方」ぜひご...

職種編集・取材スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi