堤幸彦監督“テレパス家政婦”木南晴夏を「天才」と絶賛 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年5月16日 > 堤幸彦監督“テレパス家政婦”木南晴夏を「天才」と絶賛
メニュー

堤幸彦監督“テレパス家政婦”木南晴夏を「天才」と絶賛

2012年5月16日 13:30

堤幸彦監督と木南晴夏「MY HOUSE」

堤幸彦監督と木南晴夏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 堤幸彦監督の最新作「MY HOUSE」と、演出を手がけたドラマ「家族八景」のダブル上映会が5月15日、東京・新宿バルト9で行われ、堤監督と「家族八景」で主演を務めた女優の木南晴夏が出席した。堤監督は、自らが手がけた「20世紀少年」シリーズにも出演している木南を「彼女は天才ですから」と大絶賛。ドラマで他人の心が読める家政婦という難役を演じた木南は、「難しいと思ったことはない」と“天才ぶり”を発揮していた。

「家族八景」は筒井康隆氏の同名小説を原作に、堤監督をはじめ、白石達也、高橋洋人ら気鋭のクリエーター5人が演出を手がけ、今年1月から全10回放送された。他人の心を読むことができる超能力者(テレパス)の火田七瀬が、家政婦の仕事で入った家庭の秘め事を次々と暴いていくSFホームドラマだ。

シナリオも5人の脚本家が分担しており「毎回、脚本によって七瀬のキャラクターが全然違う。今までそんなドラマはなかったが、きっと家族を転々とする七瀬なら、キャラクターも同じじゃないだろうと思った」(木南)。堤監督が「今後はもっと“大人の仕事”をしたらどうかな」と提案すると、「実は根っからの悪い女を演じてみたいんですよ」と野望を語った。

一方、5月26日から公開されるモノクロ映画「MY HOUSE」は、路上生活者の生き方を通して“自由と幸せ”の本質を問いかける野心作。堤監督も「そろそろ世の中に刻印を残すような作品をつくらないと、監督として死ねないと思った」と作品への思いは格別だ。

路上生活者の鈴木さんを軸に、エリートコースを目指す中学生や潔癖症の主婦ら、交わるはずのない人たちの生活がある事件をきっかけに交錯していくというストーリーで「今回は映像ではなく、役者の存在感を重視した」。モノクロを選んだ理由を「路上生活者が暮らすブルーシートだとか、そういう“イメージ”を忘れてもらうために白黒にした」と説明していた。

ドラマ「家族八景」Blu-ray&DVDは6月6日発売。「MY HOUSE」は5月26日から全国で公開される。

20世紀少年<第2章>最後の希望 [DVD] 20世紀少年<第2章>最後の希望 [DVD] 最安価格: ¥1,967 “血の大みそか”から15年経った西暦2015年、人類滅亡計画は悪魔のテロリスト・ケンヂ一派の仕業とされ、“ともだち”は世界の救世主と崇められていた。監督:堤幸彦、出演:木南晴夏
SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 DVD-BOX[DVD] SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥15,390 西荻弓絵、堤幸彦といったドラマ『ケイゾク』のスタッフたちが贈る新感覚の刑事ドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社アニープラネット

あなたの笑顔の先に映画のヒットがあります! 明るくて誠実なあなたを待っています!

職種映画パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi