「イタリア映画祭 2012」開幕 L・ペッレグリーニ監督ら多数の伊ゲスト来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年4月28日 > 「イタリア映画祭 2012」開幕 L・ペッレグリーニ監督ら多数の伊ゲスト来日
メニュー

「イタリア映画祭 2012」開幕 L・ペッレグリーニ監督ら多数の伊ゲスト来日

2012年4月28日 19:33

来日した伊女優女優アニタ・カプリオーリ(中央)ら「息子の部屋」

来日した伊女優女優アニタ・カプリオーリ(中央)ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年で12回目を迎える「イタリア映画祭 2012」が4月28日、東京・有楽町朝日ホールで開幕し、フランチェスコ・ブルーニ監督、ルーチョ・ペッレグリーニ監督、俳優フィリッポ・プチッロ、女優アニタ・カプリオーリら、来日した総勢11人のゲストが開会式に出席した。

2001年の「日本におけるイタリア年」をきっかけにスタートし、毎年1万人を超えるイタリア映画ファンが訪れるゴールデン・ウィーク恒例の映画祭。ペッレグリーニ監督作「気楽な人生」のほか、「息子の部屋」で知られるナンニ・モレッティ監督作「ローマ法王の休日」、「湖のほとりで」で脚光を浴びたアンドレア・モライヨーリ監督作「至宝」など、日本未公開の最新イタリア映画14本を一挙上映する。

開会式には、11人の来日ゲストが壇上にずらり登場。オープニングを飾る、昨年のベネチア国際映画祭で審査員特別賞を受賞した「大陸」に主演するプチッロは、「フィリッポです。上映後にまたお会いできることを楽しみにしています」と上映後のQ&Aに登場することを約束した。

イタリア文化会館館長のウンベルト・ドナーティ氏は、「皆さまのイタリアとイタリア映画への深い愛情に感謝している。この12年間で映画祭も大きく成長してきた。新進気鋭の若手監督の作品を紹介できることをうれしく思う」と挨拶。来日したイスティトゥート・ルーチェ・チネチッタ代表のロドリゴ・チプリアーニ氏も、「この12年間で120本以上の作品、100人以上のゲストを迎えてきた。今年もとても素晴らしい作品がそろった」とラインナップに自信をのぞかせた。

「イタリア映画祭 2012」は、5月4日まで同ホールで開催される。4月30日には、来日ゲストが一堂に会する座談会とサイン会も予定。

湖のほとりで[DVD] 湖のほとりで[DVD] 最安価格: ¥3,201 名作「ニュー・シネマ・パラダイス」「ライフ・イズ・ビューティフル」でも成しえなかった、イタリア・アカデミー賞(ダヴィッド・ディ・ドナッテロ賞)史上最多主要10部門受賞!世界20カ国で翻訳・出版されているミステリーの女王、カリン・フォッスムの原作『見知らぬ男の視線』を映画化。監督、アンドレア・モライヨーリ。
穏やかな暮らし[DVD] 穏やかな暮らし[DVD] 最安価格: ¥3,201 非情の掟に生きる父子の宿命と悲哀を抑制のきいたタッチで描きだす骨太イタリアン・ノワール。 イタリア映画祭2011上映作品。2011イタリア・アカデミー賞作品賞他4部門ノミネート。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi