イタリアの俊英監督、ジョーク不発に苦笑い : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月24日 > イタリアの俊英監督、ジョーク不発に苦笑い
メニュー

イタリアの俊英監督、ジョーク不発に苦笑い

2010年10月24日 22:07

アルバ・ロルバケルは六本木ヒルズ内でも ファンと気さくに交流「マイ・ブラザー」

アルバ・ロルバケルは六本木ヒルズ内でも
ファンと気さくに交流
[拡大画像]

[映画.com ニュース] イタリア映画「素数たちの孤独」が10月24日、第23回東京国際映画祭のWORLD CINEMA部門で公式上映され、主演女優のアルバ・ロルバケル、監督と脚本を手がけたサベリオ・コスタンツォが、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでの上映後のティーチインに出席した。

過去に精神的なトラウマを抱え、自分の世界に閉じこもる少年と少女の成長と関係性を、独自の映像美で描く。イタリアの大ベストセラーが原作だが、映画化に際して、時系列通りに進む原作を解体し、3つの時系を行き来する脚色へと変更された。

コスタンツォ監督は、「こうした手法のほうが、映画としては面白いだろうと思いました。原作を知らない人はもちろん、愛読者をも幻惑したいという思いがあった」。映画化の決め手として「この本はものすごく売れたからね」と説明し、観客が納得した表情を見せると「今のはジョークだったんだけど」と苦笑する場面も。また、劇中でエルビス・プレスリーの楽曲を使用したかったものの「15万ユーロ要求されてしまって」とあきらめざるをえない状況だったと明かした。

主演のロルバケルは、同作をはじめ「マイ・ブラザー」「ボローニャの夕暮れ」にも出演するイタリアで最も注目される実力派女優。観客からフェデリコ・フェリーニ監督の「道」のヒロイン・ジェルソミーナ(ジュリエッタ・マシーナ)に雰囲気が似ていると言われ「そう? 実は何度か言われたことがあるの。とてもうれしい言葉ね」とご満悦だった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi