A・ナデリ監督「CUT」は3部作 西島秀俊の続投を示唆 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年1月29日 > A・ナデリ監督「CUT」は3部作 西島秀俊の続投を示唆
メニュー

A・ナデリ監督「CUT」は3部作 西島秀俊の続投を示唆

2012年1月29日 13:51

約90分間のトークショーを行ったアミール・ナデリ監督「CUT」

約90分間のトークショーを行ったアミール・ナデリ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本滞在中のアミール・ナデリ監督が1月28日、東京・シネマート新宿で公開中の最新作「CUT」(西島秀俊主演)のトークショーを行い、同作が3部作の“第3章”だと明かした。現在、1000年前の日本を舞台にした“第1章”を準備中だといい「引き続き西島さんに出演していただく予定。ご存じの通り、多忙な俳優さんなので製作時期は明言できないが、スケジュールの見通しが立てば、資金集めを始めたい」と意気込みを語った。

亡兄の借金を返済するため、殴られ屋をして金を稼ぐ売れない映画監督・秀二(西島)の狂気的なまでの映画愛を描き出す。ナデリ監督によれば、3部作を通して主人公は“秀二”で「名前は寺山修司さんに由来している。1970年ごろ、イランの演劇祭にいらっしゃった際にお会いし、とても自由でワイルドな印象を抱いた」。劇中にはナデリ監督が愛する名作103本へのオマージュが随所に登場し、寺山氏の代表作「書を捨てよ町へ出よう」(71)もそのうちの1作として挙げられている。

昨年12月の公開以来、毎日のように劇場で観客と接しており「日本の文化を描いた作品なので、皆さんと身近に接し、リアクションを知ることで初めて映画が完成に近づく。日本とイランでは国民性に通じるものがあるし、今や皆さんは私の大切な友人です」。日本のお菓子である鳩サブレーが大のお気に入りだといい、「あちこちで鳩サブレーが好きだと話していたら、メーカーさん(鎌倉市の豊島屋)から連絡をいただき、先日詰め合わせが届いたばかり」と大喜びだった。

トークショーはTwitterで質問に答えるQ&A形式で進行し、予定時間を大幅に超え約90分に及んだ。客席には、自己資金でインディペンデント映画を撮っているという映画監督の姿もあり「絶対にあきらめずに、映画を作り続けてほしい。(劇中の)秀二もあなたも日本映画界におけるラストサムライだ。自らを犠牲にしても、大切なものを守ろうとしているのだから。私の作品が少しでも励みになれば」とエールを送っていた。

好きだ、[DVD] 好きだ、[DVD] 最安価格: ¥3,382 宮崎あおい、西島秀俊、永作博美、瑛太の豪華キャストで贈る、1組の男女の17年に渡る愛の軌跡を詩情豊かに描いたセンチメンタル・ラブストーリー。
僕とスターの99日 DVD-BOX[DVD] 僕とスターの99日 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥15,871 期間限定である99日間に織り成される、誰にも言えない期間限定の“秘密の恋”に落ちる一人の男の、切ないけど笑えるラブストリー。主演:西島秀俊

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi