イランの巨匠アミール・ナデリ「暴力を描かざるをえなかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月1日 > イランの巨匠アミール・ナデリ「暴力を描かざるをえなかった」
メニュー

イランの巨匠アミール・ナデリ「暴力を描かざるをえなかった」

2011年12月1日 16:45

外国人向け記者会見に出席したアミール・ナデリ監督「CUT」

外国人向け記者会見に出席したアミール・ナデリ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] イランの巨匠アミール・ナデリ監督が11月30日、日本外国特派員協会(外国人記者クラブ)主催の外国人向け記者会見に出席し、日本を舞台に西島秀俊とタッグを組んだ最新作「CUT」について語った。

売れない映画監督の秀二(西島)が、死んだ兄の借金返済のために殴られ屋をしながら、狂気的なまでに映画への愛を訴える姿を描く。共演に常磐貴子、笹野高史菅田俊ら実力派俳優がそろう。

先日終幕した、第12回東京フィルメックスの審査委員長を務めたナデリ監督。日本での撮影を振り返り、「もちろん撮影は大変だった。異文化ということもあるし、アメリカで自主映画を撮るときは素人を使うので、逆にプロの俳優をキャスティングする苦労もあった」と意外な苦労を明かした。しかし、「西島さんはもちろん、常磐さんもとても素晴らしかった。彼女は私に『この映画で今までと違うことをしたい。あなたの要求することは何でもやる』と申し出てくれ、実際にとてもプロフェッショナルだった」と称賛した。

長年に渡りインディペンデント映画を製作し続けてきたが、「シネコンがアートフィルムの居場所を奪っている。若い監督や脚本家が表現の場を失っていることに、私はまさにパンチを食らったような気分がしている。暴力は嫌いだが描かざるをえなかった」と殴られ屋という設定に至った経緯を説明。そして、「暴力と怒りがこの映画の根本にある。西島さんも現代の映画界も怒りを抱えていて、彼自身その心の叫びを表現する必要があったと思う」と話した。

同席したプロデューサーのエンギン・イェニドゥンヤは、「フィルメックスに歓迎され、『最もオリジナルな映画』という感想を頂いたとき、やはりやるべき映画だったと確信した。とても低予算だが、従来の日本のシステムではできなかったことを成し遂げた」と感慨無量の面持ちだった。

CUT」は12月17日から全国で順次公開。

サヨナライツカ[DVD] サヨナライツカ[DVD] 最安価格: ¥3,289 主演、中山美穂・西島秀俊。辻仁成の同名小説を映画化したラブ・ストーリー。25年間にわたり、想いを募らせる男女の情熱的な愛を映し出す。
東南角部屋二階の女 プレミアム・エディション[DVD] 東南角部屋二階の女 プレミアム・エディション[DVD] 最安価格: - 西島秀俊、加瀬亮主演 取り壊しが決まったアパートを舞台に、2世代の男女が交流し、互いに影響をもたらしていくどこか懐かしくも新鮮な光を放つ物語。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi