西島秀俊“殴られ屋”で新境地「一生忘れない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月17日 > 西島秀俊“殴られ屋”で新境地「一生忘れない」
メニュー

西島秀俊“殴られ屋”で新境地「一生忘れない」

2011年12月17日 15:20

アミール・ナデリ監督と握手する西島秀俊「CUT」

アミール・ナデリ監督と握手する西島秀俊
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の西島秀俊が12月17日、東京・シネマート新宿で主演作「CUT」の初日舞台挨拶を、メガホンをとったアミール・ナデリ監督とともに行った。2005年、「東京フィルメックス」でナデリ監督との「運命的なものを感じる出会い」(西島)を経て、完成にこぎつけた本作。“殴られ屋”役で新境地を切り開き、「ついに初日を迎えることができた。この瞬間は一生忘れない」と感激しきりだった。

映画監督の秀二(西島)が、亡き兄が残した莫大な借金を返済するため、ヤクザ事務所に間借りし“殴られ屋”を営む姿を通して、死をも恐れず自らの映画愛を貫く男の生きざまが描かれている。

撮影中は西島自身も死を意識する瞬間があったといい「毎日、祈る気持ちで現場に向かった。それでも監督が『不可能を可能にするのが、この映画だ』と言うので、それに挑戦したかった」と述懐。すでにベネチア国際映画祭、釜山国際映画祭、東京フィルメックスなど国内外の映画祭で、西島のこん身の演技が話題を呼んでおり「この作品をきっかけに、アートにかかわる人、アートを愛する人から『何か新しいことをやろう』とたくさん連絡が来ている。今後、人生をかけて挑戦を続けたい」と語り、「いつかこの作品がシネコンで上映され、そこで舞台挨拶をする。それが一番の夢」と決意を新たにしていた。

一方のナデリ監督も「この作品は西島さんの勇気、才能、ハートがなければ完成しなかった。初日を迎えて、言葉にならないし、私自身が生まれ変わった気持ちです」と感無量。「今までの西島さんとはまったく違う姿を見てもらえるはず。特に舞踊のようなボディランゲージが素晴らしい」とたたえ、「今は彼のボディガードをしています」と、西島が主演するテレビドラマを引き合いに笑いを誘った。

さらに「日本に限らず、特に若い世代はハリウッド大作に洗脳されている。観客の感情を操り、お金をもうけるのは簡単だが、私はもっと誠実に、観客と経験の共感をしたい。インディペンデント映画が存在するためには皆さんの応援が必要です」と熱弁。本編には小津安二郎溝口健二新藤兼人黒澤明ジョン・フォードオーソン・ウェルズら巨匠たちの作品へのオマージュが随所にちりばめられており、「過去の名作に触れる機会になれば。日本の映画史にもたくさんの傑作があるのです」。スタッフから名作のタイトルが刻まれたクッキー100枚がプレゼントされると「クッキーは大好物。本当にありがとう」と大喜びだった。

スクール!! DVD-BOX[DVD] スクール!! DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥18,468 成績重視のクールな超現実主義教師や、学校にまったく期待をしていないイマドキの子どもや親たちと全面戦争!?問題山積の小学校再生を描くヒューマンドラマ!出演:西島秀俊
リアル・クローズ DVD-BOX[DVD] リアル・クローズ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥19,046 槇村さとる原作の待望の連続ドラマ化作品!「“リアル・クローズ”とは、着る人の人生にフィットする服」「自分を知らなければ、似合う服など分らない」仕事を通して自分の生き方を探す、女性必見のワーキング・ロマンドラマ。出演:西島秀俊

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi