西島秀俊主演作、ベネチア映画祭オリゾンティ部門オープニング作品に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月15日 > 西島秀俊主演作、ベネチア映画祭オリゾンティ部門オープニング作品に
メニュー

西島秀俊主演作、ベネチア映画祭オリゾンティ部門オープニング作品に

2011年7月15日 11:42

西島秀俊主演「CUT」の一場面「CUT」

西島秀俊主演「CUT」の一場面
[拡大画像]

[映画.com ニュース] イランの巨匠アミール・ナデリ監督の最新作で、西島秀俊主演の「CUT」が今年開催される第68回べネチア映画祭のオリゾンティ・コンペティション部門オープニング作品に決定した。

西島にとって、同作は3年ぶりの主演映画で、ベネチア映画祭参加は、北野武監督「DOLLS(ドールズ)」以来、9年ぶり。西島は「久しぶりのベネチアに参加出来ることはとても光栄です。作品に関わったすべての人に感謝します。『CUT』への反応はもちろん、映画祭自体を楽しんでまいります」とコメントを寄せている。

イラン出身のナデリ監督はナント三大陸映画祭グランプリを受賞、カンヌ、ベネチアなどの国際映画祭で作品を発表し続けるなど世界的にも高く評価されており、現在は米ニューヨークを拠点に活躍している。2005年の東京フィルメックスに審査員として参加した際に西島と出会い、本作の製作が始動した。

西島は、熱心な映画ファンである自身をほうふつとさせる映画狂の映画監督で、兄の残した借金を返すために殴られ屋となる秀二を演じる。ヤクザ相手の仕事をしながらも秀二を支える陽子を常盤貴子が演じ、笹野高史菅田俊ら海外でも活躍する名優たちが脇を固める。青山真治田澤裕一の協力のもと、ナデリ監督自らが脚本を手がけた。

べネチア国際映画祭 オリゾンティ・コンペティション部門は、ジャンルや長さにこだわらず、先鋭的、革新的な新しい才能を発掘することを目的としている部門。これまで日本からは、塚本晋也監督「ヴィタール」(04)、三池崇史監督「IZO」(04)、青山真治監督「こおろぎ」(06)、「サッド・ヴァケイション」(07)、押井守監督「立喰師列伝」(06)、園子温監督「冷たい熱帯魚」(10)などが出品されている。

CUT」は2011年に公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi