西島秀俊、6年がかりの入魂作で「ずっとこの日を待っていた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月24日 > 西島秀俊、6年がかりの入魂作で「ずっとこの日を待っていた」
メニュー

西島秀俊、6年がかりの入魂作で「ずっとこの日を待っていた」

2011年11月24日 14:40

「CUT」ジャパンプレミアに登場した西島秀俊ら「CUT」

「CUT」ジャパンプレミアに登場した西島秀俊ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第12回東京フィルメックスの審査委員長を務めるアミール・ナデリ監督と西島秀俊が、念願のタッグを実現させた「CUT」のジャパンプレミアが11月23日、東京・有楽町で開催中の同映画祭で行われ、ナデリ監督と西島、常盤貴子が舞台挨拶に立った。

売れない映画監督の秀二(西島)が、死んだ兄の借金返済のために殴られ屋をしながら、映画への愛を訴え続ける姿を克明に描き出した衝撃作。西島は、「2005年にナデリ監督にお会いしてから、ずっとこの日を待っていた。この作品には僕の魂が込もっている。多くの方々に見ていただき、映画界に大きな流れが生まれることを祈っている」と感無量の面持ちだった。

常磐も「映画界に殴り込みをかけたような作品で、トランス状態での撮影だった。私の新たな挑戦を見てほしい」と胸を張った。ナデリ監督は、「今日は私の長いキャリアの中でもとても重要な日。素晴らしいキャストとクルーに恵まれやっとここまでたどり着けた。これまでの2人の芝居は忘れて、新しい心で見てほしい」と語りかけた。

上映後のQ&Aでは、ナデリ監督が「かつての映画は娯楽と芸術を両立していた。最近は金儲けの道具みたいな映画ばかりで恥ずかしくなる。世界にはまだまだ優秀な若手がいっぱいいる。古き良き映画の歴史を守っていきたい」と熱弁をふるった。西島も「フィルメックスは映画ファンとして育ってきた場なので、ここで出会って生まれた企画がここで見ていただけるのは夢のようで幸せ」と映画祭への思い入れを語った。

CUT」は12月17日から全国で順次公開。

サヨナライツカ[DVD] サヨナライツカ[DVD] 最安価格: ¥3,068 1人の男性をめぐって、愛することを選ぶ女性と愛されることを選ぶ女性の姿を通じて、愛のあり方を問う。西島秀俊出演。
休暇[DVD] 休暇[DVD] 最安価格: - 孤独を抱えた男たちが生死の狭間で揺れ動き、幸福・再生を希求する様を描いた感動のヒューマンドラマ。西島秀俊出演。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi