ジョン・ウォーターズ監督が選ぶ2011年の映画ベスト10 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月4日 > ジョン・ウォーターズ監督が選ぶ2011年の映画ベスト10
メニュー

ジョン・ウォーターズ監督が選ぶ2011年の映画ベスト10

2011年12月4日 13:30

ジョン・ウォーターズ監督が今年の1位に選んだ ペドロ・アルモドバル監督作「The Skin I Live In(英題)」「ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー」

ジョン・ウォーターズ監督が今年の1位に選んだ
ペドロ・アルモドバル監督作「The Skin I Live In(英題)」
写真:Everett Collection/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ピンク・フラミンゴ」で知られる異才ジョン・ウォーターズ監督が、2011年に自身が見た映画のベスト10を、米Artforum誌のウェブサイトに発表した。

第1位に選ばれたのは、ペドロ・アルモドバル監督の最新作「The Skin I Live In(英題)」。アントニオ・バンデラスが、「アタメ」以来約20年ぶりにアルモドバル監督とタッグを組んだスリラーで、主人公の美容整形外科医を中心に倒錯した世界が描かれる。ウォーターズ監督は、「世界最高の映画監督による、ダークで倒錯的で美しくて、そしてファニーな衝撃作」と手放しで賛辞を送っている。

アート映画好きを公言し、作家、アーティスト、スタンダップコミックとしても活躍するゲイのウォーターズ監督らしいセレクション。そんななか、目を引くのが3位の「ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー」だが、「冗談ではなく、とてもよくできたドキュメンタリーで、ビーブは確かに神童だったことがわかる」と評している。

ジョン・ウォーターズ監督の2011年映画トップ10は以下の通り。

1.「The Skin I Live In(英題)」(ペドロ・アルモドバル監督)
2.「ミルドレッド・ピアース 幸せの代償」(トッド・ヘインズ監督/TVミニシリーズ)
3.「ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー」(ジョン・チュウ監督)
4.「ハデウェイヒ(原題)」(ブリュノ・デュモン監督)
5.「カブーン!(原題:Kaboom)」(グレッグ・アラキ監督)
6.「もしもぼくらが木を失ったら(原題:If a Tree Falls: A Story of the Earth Liberation Front)」(マーシャル・カリー&サム・カルマン監督)
7.「ツリー・オブ・ライフ」(テレンス・マリック監督)
8.「I’m Glad My Mother Is Alive(英題)」(クロード・ミレール&ナタン・ミレール監督)
9.「あの頃、ぼくらは いま語られるエイズの記憶(原題:We Were Here)」(デビッド・ワイスマン監督)
10.「ブンミおじさんの森」(アピチャッポン・ウィーラセタクン監督)

ツリー・オブ・ライフ[DVD] ツリー・オブ・ライフ[DVD] 最安価格: - 1950年代のテキサスを舞台に、厳格な父と優しい母との間で葛藤しながら成長した男の40年に渡る家族の物語を描く。監督テレンス・マリック
ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー ディレクターズ・カット[DVD] ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー ディレクターズ・カット[DVD] 最安価格: - 一躍スターダムに登りつめた17歳の若きポップスター、ジャスティン・ビーバーの全貌に迫る3Dドキュメンタリー。監督ジョン・チュウ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi