ブンミおじさんの森
ホーム > 作品情報 > 映画「ブンミおじさんの森」
メニュー

ブンミおじさんの森

劇場公開日

解説

「トロピカル・マラティ」で国際的に高く評価されたタイのアピチャッポン・ウィーラセタクン監督が、カンヌ映画祭でタイ映画に初のパルムドールをもたらしたファンタジー・ドラマ。タイの山間で暮らす余命わずかなブンミは、自分の農園に妻の妹ジェンを呼び寄せる。すると、19年前にこの世を去ったブンミの妻の霊が現れ、さらに行方不明の息子も姿を変えて現われる。やがて、ブンミは彼らとともに深い森へ入っていく。

作品データ

原題 Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives
製作年 2010年
製作国 イギリス・タイ・ドイツ・フランス・スペイン合作
配給 ムヴィオラ
上映時間 114分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第63回 カンヌ国際映画祭(2010年)

受賞
コンペティション部門
パルムドール アピチャッポン・ウィーラセタクン
出品
コンペティション部門
出品作品 アピチャッポン・ウィーラセタクン

インタビュー

タイ映画初のパルムドールに潜むカウンターパンチ
インタビュー

「トロピカル・マラティ」で国際的に高く評価されたタイのアピチャッポン・ウィーラセタクン監督が、第63回カンヌ映画祭でタイ映画に初のパルムドールをもたらした話題作「ブンミおじさんの森」。“作家主義”を掲げる第11回東京フィルメックスに審...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

映画のセオリーに拘束されない自由な方法で描く、悠久の時を流れゆく命
ブンミおじさんの森の映画評論・批評

「ブンミおじさんの森」にはびっくりするシーンがいくつもある。19年前に死んだブンミの妻フェンの幽霊が現れたり、行方不明の息子ブンソンが猿の精霊になって「猿の惑星」風メイクで帰って来たりする。かと思うと、顔のあざを気に病む王女が池のナマ...ブンミおじさんの森の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全5件)
  • 3回観て、3回寝た。 3回観て、3回寝た。 ...続きを読む

    kom komさん  2015年6月5日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • ポテンシャルは十分だが心に響かない悟りの世界 現実世界と精神世界という決して交わることの無い二つの世界の壁を壊すのは美しいタイの自然だ。 正直言って心を揺さぶられるような体験では無かった。 しかし、この作品の唯一無二の世界観は今まで体験した... ...続きを読む

    elle,f elle,fさん  2012年6月19日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • なんとも不思議な映画。 2009年がミヒャエル・ハネケ監督の「白いリボン」。 それに次いで2010年にこの「ブンミおじさんの森」がパルム・ドール賞を受賞した。 同じようなモチーフと云うか、肉親の死者が現世に現れる、とい... ...続きを読む

    みっどないと・シネマ みっどないと・シネマさん  2012年1月5日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ブンミおじさんの森 ブンミおじさんの森 (字幕版) ブンミおじさんの森
ブンミおじさんの森 ブンミおじさんの森 (字幕版) ブンミおじさんの森
2013年12月27日 2014年2月6日 2011年9月23日
¥432 ¥300 ¥300
DMM.com Google Play GEO動画

他のユーザーは「ブンミおじさんの森」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi