ガレッジセール・ゴリ、長男の夢「豚肉になりたい」に不安 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月2日 > ガレッジセール・ゴリ、長男の夢「豚肉になりたい」に不安
メニュー

ガレッジセール・ゴリ、長男の夢「豚肉になりたい」に不安

2011年12月2日 19:34

ツリー点灯式に出席したゴリと宮迫博之「リアル・スティール」

ツリー点灯式に出席したゴリと宮迫博之
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリが12月2日、東京・新宿ピカデリーで行われた「リアル・スティール」ツリー点灯式に、「雨上がり決死隊」の宮迫博之とともに出席した。二児の父親として知られるゴリは、「(子どもを)ライブに連れていくようにしている」と子煩悩ぶりを発揮。しかし、長男が「将来パパみたいになりたいと言っていたけれど、最近は“豚肉”になりたいと言っている」と明かし、「ブタならまだ許せるけど、子育てに迷っています」と会場の笑いを誘った。

本作のテレビCMで息子・陸くんと親子初共演した宮迫は、「映画を見て泣いた息子を見たのははじめて。奥さんに怒られたときに、子どもがこそっと『大丈夫』となぐさめてくれる」と親子のきずなをアピール。宮迫の活躍に刺激を受けた陸くんは「将来芸人になりたい」と熱望しているそうで、「叩きつぶしてやりますよ。ライバルですから!」と将来の活躍に期待を寄せた。

ふたりは、「子どもに戦ってと言われて戦わない親はいない。血をわけた家族のきずなは、戻りたいという気持ちがあれば放っておいても戻る」(宮迫)、「父親は子どもために強くなる。子どものために頑張れるのはどの親子も共通」(ゴリ)と家族愛を熱弁。ともにクリスマスは家族と過ごしたいともらし、「人を雇ってサンタのふりをしてもらったので、5年生だけどまだ信じていますよ」(宮迫)、「(サンタクロースのふりをしているのがばれてしまったので)娘は6歳だけど大人の世界に入ってしまった」(ゴリ)と話した。

見どころを問われると、「泣ける映画はあるけれど、悲しい涙じゃなくて一歩前に行ける涙で得しました。見終わった後、いい気持ち」(宮迫)、「ヒューマンで子どもが見ても楽しめる。最高の涙! ロボット同士の格闘技のアクションンも本物の人間同士みたいに迫力があった」(ゴリ)とアピールも忘れない。

ロボット格闘技の勃興によって人生に挫折した元プロボクサーが、生き別れた息子との再会をきっかけに、親子のきずなと人生の再起をかけ再び立ち上がる。ヒュー・ジャックマンが主演し、ダコタ・ゴヨと親子を演じた。

リアル・スティール」は、12月9日から全国で公開。

X-MENトリロジー ブルーレイ・コレクターズBOX[Blu-ray/ブルーレイ] X-MENトリロジー ブルーレイ・コレクターズBOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 米人気コミックの映画化。人類に疎まれながらも、人間たちのために闘うX-メンの活躍を描いた大ヒット作!主演ヒュー・ジャックマン
プレステージ スタンダード・エディション[DVD] プレステージ スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥815 幾重にも張り巡らされた伏線に次ぐ伏線と予測不可能な衝撃のサスペンス!主演ヒュー・ジャックマン

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi