天海祐希、ハリウッド映画吹き替えに初挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年9月22日 > 天海祐希、ハリウッド映画吹き替えに初挑戦
メニュー

天海祐希、ハリウッド映画吹き替えに初挑戦

2011年9月22日 08:26

しっかり者のヒロイン役は適役「リアル・スティール」

しっかり者のヒロイン役は適役
(C)DreamWorks II Distribution Co. LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の天海祐希が、ヒュー・ジャックマンの主演最新作「リアル・スティール」で、ハリウッド実写映画の日本語吹き替えに初挑戦したことが分かった。主人公チャーリーを叱咤激励するヒロイン・ベイリー(エバンジェン・リリー)の声を担当。「凛(りん)とした強さと信念を持った女性で同性からも高い支持を得ている」ことから起用が決定した。

ロボット格闘技の勃興(ぼっこう)によって居場所を失ったボクサーのチャーリーが、人生の再起をかけ、息子マックスとのきずなを取り戻すため奮闘する姿を描く。スティーブン・スピルバーグロバート・ゼメキスが製作を手がけ、ショーン・レビ監督がメガホンをとった。ジャックマン、リリーをはじめダコタ・ゴヨアンソニー・マッキーらが出演している。

アニメ「崖の上のポニョ」(2008)で声優経験を持つ天海は、実写映画の吹き替えは「ベイリー役の女優さんがいらっしゃって、その方が素晴らしい演技をしているので、それを壊さないように心情に寄り添うように演じることが難しかった」と述懐。吹き替えを行うにあたり、本作の題材であるロボット格闘技に不安があったようだが、「人と人とのきずな、人の思い、人間の計り知れない力をものすごく感じる作品でした。親子と一緒に戦っていくロボット“ATOM”が、何もしゃべらず表情にも出さず頑張る姿に胸を打たれました」と絶賛する。

本作のテーマである親子関係は、「離れていた時間が長かったがゆえにお互いぶつかりながらもきずなを深め、父として息子として成長していく過程がわかりやすく描かれていてよかった」と太鼓判。そして「見た後で色々語り合いたい作品なので、お父さんが息子を連れて行って欲しいです。お父さんはチャーリーの気持ちになり、息子はマックスの気持ちになって見てほしい」とアピールした。

リアル・スティール」は、12月9日に全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi