永山絢斗“ハード過ぎる”松田翔太は「鬼に見えた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月26日 > 永山絢斗“ハード過ぎる”松田翔太は「鬼に見えた」
メニュー

永山絢斗“ハード過ぎる”松田翔太は「鬼に見えた」

2011年11月26日 14:31

初日舞台挨拶に立った松田翔太、永山絢斗「ハードロマンチッカー」

初日舞台挨拶に立った松田翔太、永山絢斗
[拡大画像]

[映画.com ニュース] グ・スーヨン監督が半自伝的小説を自ら映画化した「ハードロマンチッカー」が11月26日、全国92スクリーンで封切られ、東京・銀座の丸の内TOEIで、グ・スーヨン監督をはじめ、主演の松田翔太永山絢斗柄本時生遠藤要が登壇する初日舞台挨拶が行われた。

暴力でしか自分を表現できない孤独な在日韓国人2世のグー(松田)が、後輩の辰(永山)が起こした事件を機に、さらなる暴力の連鎖に巻き込まれる。公開前には、松田の傷だらけになった顔をフィーチャーした宣伝ポスターが、JR東日本と東京メトロから掲出不可と審査され“幻”の存在に。本編もバイオレンス一色の展開で、松田は「お気持ち、お察しします」と鑑賞後の女性ファンを気遣った。

父である故松田優作さんの故郷でもある山口・下関で撮影され、「皆が自分の美学を追及する格好いい現場。明日どうなるかもわからない現場で、自分自身が自由に生きることができた」(松田)。突然、脚本が変更されることもしばしばで「とてもフレキシブルで、ある意味テキトー(笑)。すごくリラックスできた」とスーヨン監督の現場を振り返った。

永山は、デビュー前から松田と親交があるといい「でも、今回の現場ではまったくの別人。まるで鬼のように見えた」。松田は「次男坊なんで、ふだんはお茶目にやっていますが(笑)、今回ばかりはそうもいかず、絢斗を無視しないといけなかった」と釈明した。永山自身も激しいアクションに挑戦し「あるシーンの撮影後、首の筋を違えちゃって、首が動かなくなった。でも誰にも言えなくて……」と苦労を述懐。「10秒くらいのシーンでも、3分くらい翔太を殴り続けた」(遠藤)、「翔太くんにバチバチ殴られたり、蹴られたり。プロテクターをつけていない場所を殴ってくるし」(柄本)と壮絶な撮影現場が次々と明らかになった。

スーヨン監督は「彼らのポテンシャルがとても高くて、最初はこちらが負け気味だったほど。設計図として脚本はあるが、そこに押し込むことはしなかったし、(俳優陣が)うるさいくらいにアイデアを出してきたから」とキャストとの“共犯関係”に満足げだった。

ライアーゲーム DVD BOX[DVD] ライアーゲーム DVD BOX[DVD] 最安価格: ¥19,699 正直者の主人公神崎直のもとに1億円の入った謎の小包が届けられたことから、大金を賭ける“ライアーゲーム”に巻き込まれていく様を描いたミステリアスドラマ。
花より男子 DVD-BOX[DVD] 花より男子 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥14,364 名門高校に通う貧乏少女が、学園を牛耳る御曹司4人組とぶつかり合いながら強く生きていく。松田翔太出演。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi