松田翔太、新作で金髪オールバックに 舞台は父・優作の故郷下関 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月18日 > 松田翔太、新作で金髪オールバックに 舞台は父・優作の故郷下関
メニュー

松田翔太、新作で金髪オールバックに 舞台は父・優作の故郷下関

2011年5月18日 06:00

金髪オールバックでクランクインした松田翔太「ハードロマンチッカー」

金髪オールバックでクランクインした松田翔太
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の松田翔太が、グ・スーヨン監督の最新作「ハードロマンチッカー」に主演することがわかった。くしくも作品の舞台となるのは、父である故松田優作さんの故郷である山口・下関と、福岡・小倉。グ・スーヨン監督の半自伝的な小説デビュー作を東映が映画化するもので、主人公グーを演じる松田が“ウルトラバイオレンス”な世界に身を投じる。

松田扮するグーは、高校中退のフリーターで在日韓国人2世。子どものころから顔なじみの暴力団組員(真木蔵人)に物騒な荷物を押し付けられたり、下関署の刑事(渡部篤郎)に絡まれる日々をおくる。クールな眼差(まなざ)しを保ちながらも、行き場のない暴力と向き合うがために、必然的に街の喧騒に巻き込まれていくという役どころだ。

脚本を読んだ松田はグ・スーヨン監督と意気投合し、自らのアイデアで金髪に染め上げ、オールバックにして4月29日にクランクイン。並々ならぬ意欲をのぞかせ、「この映画は東映らしいことを表現できる作品だと思っています。グ・スーヨン監督の世界観に飛び込んで、毎日を楽しんでいます。完成を楽しみにしていてください」とコメントを寄せた。

グ・スーヨン監督は、ACC最高賞をはじめ多くの広告賞に輝いたCMディレクターの顔をもつ。これまでも下関出身、在日韓国人2世の出自をもとにした映画「偶然にも最悪な少年」「THE 焼肉 MOVIE プルコギ」を発表。「プルコギ」には、松田の兄・松田龍平が主演を務めている縁も見逃せない。

下関からは、多くの映画人たちが世に放たれている。不世出の大女優・田中絹代をはじめ、伝説の映画「竜二」をのこした金子正次、そして病魔により急逝した優作さん。そんな因縁浅からぬ舞台で、国籍ではなく自らの血、ルーツを基点に暴力をさく裂させるグーを演じる松田が、さらなる飛躍を遂げることに大きな期待が集まる。クランクアップは、5月末を予定している。

真木と渡部のほか、共演は永山絢斗柄本時生真木よう子渡辺大芦名星中村獅童白竜金子ノブアキ川野直輝淡路恵子ら。

ハードロマンチッカー」は、2012年初春に全国で公開。

ハードロマンチッカー[DVD] ハードロマンチッカー[DVD] 最安価格: ¥2,538 鬼才・グ スーヨン監督が故郷の下関を舞台に、とある事件をきっかけに暴力の連鎖に巻き込まれていく若者を描いた問題作。出演:松田翔太
流れ星 完全版 DVD-BOX[DVD] 流れ星 完全版 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥16,006 生と死、正義と悪、真実の愛とは何かをストレートに問いかける、竹野内豊×上戸彩で描く切ない大人の純愛ラブストーリー。出演:松田翔太

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi