水野美紀、園子温「恋の罪」で新境地 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月11日 > 水野美紀、園子温「恋の罪」で新境地
メニュー

水野美紀、園子温「恋の罪」で新境地

2011年11月11日 15:00

「恋の罪」で新たな顔を見せた水野美紀「恋の罪」

「恋の罪」で新たな顔を見せた水野美紀
写真:本城典子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 鬼才・園子温監督が、大人の女性の性と自由を強烈なタッチで描き出した話題作「恋の罪」。女優の水野美紀が、幸せな家庭を持ちながらも愛人との関係を断てないエリート刑事を演じ、これまでにない新たな顔を見せる。世界的に注目される園作品への参加、そして初のヌードシーン……並々ならぬ意欲で撮影に臨んだ水野の、作品への思いとは?

以前より園監督の作品のファンを公言している。脚本を読み、前作「冷たい熱帯魚」とのテーマの違いは容易に比較できた。「『冷たい熱帯魚』が男の話だったので、今度は女の話なんだなと。実際の事件が下敷きになっていますが、それを使って女性の多面性、抱える闇や渇望……そういうものに焦点が当てられている話なんだとすぐにわかりました」。

女刑事・吉田和子という役柄を「愛人がいながらも、旦那さんや子どものいる家庭に不満があるわけではなくて……そこはリアルだなと思いました」と分析。同性として、そういった女性に反感を覚えることはないかと問うと「共感できないことはなくて、理解できます。『それが人間でしょ』って思います」。

渋谷のラブホテル街で起きた殺人事件の捜査を担当する吉田。吉田がスクリーンに登場するシーンでは、なぜかいつも雨が降っている。「きっと吉田という女が抱えている乾いた部分を象徴する雨だったと思うんです。ものすごい量を降らせたので、真冬の寒い中、ずぶ濡れになっていましたね」。

共演の神楽坂恵冨樫真らとともにヌードシーンに挑んだことも話題となっている。女優という職業の前に、ひとりの女性としての葛藤などはなかったのだろうか。


画像2

(C)2011「恋の罪」製作委員会
[拡大画像]

「葛藤があるとすれば、いろいろと周りが騒ぐんだろうなっていうことくらいでした。この作品は、私のヌードが映っているからということを忘れてしまうくらい作品自体が力を持っているんです。監督は私のヌードを撮りたいわけではなく、(ヌードシーンは)物語を伝えるためのコマのようなもの。あまり周りのことを気にしないでやろうって思えたのは、園監督の作品だったからというのが大きいです。話題になることで、たくさんの人に見てもらえればいいと思います」と余裕の笑顔で話す。

完成作は「自分が脚本を読んでイメージしたものや、撮影現場にいて想像していたものと全然違うすごいものになっていたので、自分の想像が及んでいなかったのがちょっと悔しかったです」と明かす。

「描き方や切り取り方は、本当に園さんワールド。エンタテインメントとしてすごく面白くなっていますが、女性の渇望などの題材は普遍的なもの。園さんなりの表現でものすごく振りきって描かれているけれど、見た人誰もがそのテーマの根底にあるものを強く感じるんじゃないかなと思います」。

恋の罪」は11月12日全国公開。

愛のむきだし[DVD] 愛のむきだし[DVD] 最安価格: ¥4,155 園子温監督が実話をベースに真実の愛を描く237分の純愛エンタテインメント。
ちゃんと伝える スペシャル・エディション[DVD] ちゃんと伝える スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,854 園子温監督が、亡き父への思いをこめた渾身の作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi