川島なお美、園子温監督「恋の罪」はブルゴーニュワイン!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月8日 > 川島なお美、園子温監督「恋の罪」はブルゴーニュワイン!?
メニュー

川島なお美、園子温監督「恋の罪」はブルゴーニュワイン!?

2011年11月8日 13:35

「恋の罪」イベントに登場した冨樫真と川島なお美「恋の罪」

「恋の罪」イベントに登場した冨樫真と川島なお美
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の川島なお美が11月8日、都内で行われた園子温監督の新作「恋の罪」公開記念イベントに、出演する冨樫真とともに出席した。3年前の舞台共演を機に、プライベートでも親交があるといい「まこっちゃん(冨樫)がこの作品で見事、花咲かせてくれた」と大喜び。園監督のファンでもあり「出演者が恐ろしいほど輝いていて、同業者として嫉妬する。でも、映画には一切“恋”が出てこない。なぜこのタイトルなのか、今度、監督に聞いておいてね(笑)」。冨樫は「最初にいただいた台本のタイトルは、『恋の罪』ではなく『愛の罪』だった」と明かした。

川島は、冨樫が同作のオーディションを受けると知り「私自身、あの事件は脳裏に焼きついていたし、事件のもつミステリアスな要素がまこっちゃんにピタッと合った。“屈折”が似合うんですよ。だから『絶対受かるよ』って応援していた」と述懐。作品をワインに例えると「ブルゴーニュワイン。飲むたびに印象が変わって、飲む人を手玉に取る性悪女みたい。罪深いおいしさがある」と持論を展開した。公開を前に園監督と、出演者の神楽坂恵が婚約を発表。「一緒に修羅場をくぐった男女からは、きっとすごいものが生まれる」と期待を寄せた。

冨樫が演じるのは、昼間は大学助教授、夜は売春婦というふたつの顔をもつ難役。「自分がもっている引き出しを開けても、埋まりきらない人物。へたな役作りはせずに、触感を大切に素っ裸で挑戦するしかなかった」と役作りを語り、「想像以上の作品に仕上がった。園監督が描く女性の生きざまを、目をそらさず見てほしい」とアピールした。

ラブホテル街で発生した猟奇殺人事件を捜査する女刑事・和子(水野美紀)が、大学のエリート助教授・美津子(冨樫)と貞淑なセレブ妻のいずみ(神楽)が隠し持つ“罪”に触れ、後戻りできない禁断の領域に迷い込む。「恋の罪」は11月12日から全国で公開。

愛のむきだし[DVD] 愛のむきだし[DVD] 最安価格: ¥4,155 実話をベースに真実の愛を描く237分の純愛エンタテインメント。
ちゃんと伝える スペシャル・エディション[DVD] ちゃんと伝える スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥2,138 園子温監督が、亡き父への思いをこめた渾身の作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi