「一命」メイキング映像公開 満島ひかりが日本の母を好演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月14日 > 「一命」メイキング映像公開 満島ひかりが日本の母を好演
メニュー

「一命」メイキング映像公開 満島ひかりが日本の母を好演

2011年10月14日 11:34

「一命」の一場面「一命」

「一命」の一場面
(C)2011映画「一命」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 市川海老蔵主演、三池崇史監督の「一命」で、海老蔵演じる浪人・津雲半四郎の娘の美穂に扮する、満島ひかりの出演シーンのメイキング映像を、映画.comが独占入手した。

美穂は、近所で暮らす半四郎に見守られながら、夫である浪人の求女(瑛太)、そして生まれたばかりの息子の金吾ととともに貧しい家屋で暮らす。厳しい生活の中でも、穏やかな愛情を家族に注ぎ、力強く生きる母親の姿を満島が好演。メイキング映像では、半四郎が抱いた赤ん坊の金吾を囲み、家族で子の成長ぶりに目を細める、あたたかな団らんシーンなどが映し出されている。

インタビューで満島は、はかなげながらも芯を持った母親像を体現する美穂を「日本の女性が大切にするべきものが詰まった役」と絶賛。能を習ったり、運針の練習をするなどして、役作りに生かしたという。そして、「(美穂の)父親や夫が慌てているときでも動じないところが好き。小さい体で大きな精神を持たなければいけないのはとても難しかった」と振り返った。

映画「一命」は滝口康彦が1958年に発表した「異聞浪人記」が原作。病床の妻子を置いて家を出た求女が壮絶な最期を遂げたことを受け、半四郎(海老蔵)が武士とは何かを命がけで問いかける姿を、荘厳な世界観で描く。62年には仲代達矢主演で「切腹」として映画化され、63年のカンヌ映画祭で審査員特別賞を受賞。三池監督により時代劇として初めて3Dで製作された本作は、カンヌ映画祭コンペティション部門に正式出品を果たし、高い評価を受けた。

一命」は10月15日から全国で公開。

切腹[DVD] 切腹[DVD] 最安価格: ¥1,642
十三人の刺客 通常版[DVD] 十三人の刺客 通常版[DVD] 最安価格: ¥3,036

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi