三池監督、海老蔵の演技を絶賛「プライベートで何やってもいい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月5日 > 三池監督、海老蔵の演技を絶賛「プライベートで何やってもいい」
メニュー

三池監督、海老蔵の演技を絶賛「プライベートで何やってもいい」

2011年10月5日 21:15

トークイベントを行った三池崇史監督と満島ひかり「一命」

トークイベントを行った三池崇史監督と満島ひかり
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 最新作「一命」の公開を控える三池崇史監督が主催するイベント「三池崇史 presents 大人だけの空間」が10月5日、東京・六本木のビルボードライブ東京で行われ、第5回ゲストとして同作で市川海老蔵と共演した満島ひかりが登場した。

三池監督が時代劇として初めて3D製作。滝口康彦が1958年に発表した「異聞浪人記」を原作に、病床の妻子を置いて家を出た浪人・津雲半四郎(海老蔵)が、自ら命を絶つまでを荘厳な世界観で描いた。三池監督は一連の騒動について「いろんなことがありまして(笑)……」。それでも「文字通り一命をかけた作品。日本映画の可能性を感じてもらえるはずだし、海老蔵に対するイメージも絶対変わるはず」と自信のアピール。さらに「これだけの芝居ができれば、プライベートで何やってもいい」と言い放ち、会場を沸かせた。

満島も共演した海老蔵を「とても純粋な方で、現場ではオンとオフの切り替えが一瞬でできる。こんな役者さんは初めて」と絶賛し、「見終わった後は感想がもてないほど純粋な作品。ぜひ本能で見てほしい」とPRしていた。

半四郎の娘・美穂をはかなげに好演する満島。三池監督から「幸薄そうで、夢とか希望といったものに逆行している女優さん。今、幸せなの?」と問われ、「はい、幸せです。おかげさまで」と即答。一方で「役者さんって好きじゃない。(自分が役者であることに)どこかで恥じている気持ちがある」と複雑な“女優心”を吐露した。

「映画史上こんな悲しい役はいない」(三池監督)というが、当の本人は「演じるっていう“形”がウソだから、本物が見えてくる。役者って面白いですね」とあっけらかん。それでも「映画の中で父や夫に思いを寄せると、本物の父や夫(映画監督の石井裕也)に申し訳なくなるんですよ。女優を恥じる気持ちは、そこから来るのかも」と告白した。

一命」は10月15日から全国で公開。

出口のない海[DVD] 出口のない海[DVD] 最安価格: ¥3,201
醍醐寺 薪歌舞伎[DVD] 醍醐寺 薪歌舞伎[DVD] 最安価格: ¥4,845

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi