松ケン「子どもって素敵だな」芦田愛菜との“別れ”にしんみり : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年8月20日 > 松ケン「子どもって素敵だな」芦田愛菜との“別れ”にしんみり
メニュー

松ケン「子どもって素敵だな」芦田愛菜との“別れ”にしんみり

2011年8月20日 13:13

松ケン、芦田愛菜とのお別れにしんみり「うさぎドロップ」 松ケン、芦田愛菜とのお別れにしんみり
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の松山ケンイチが8月20日、主演作「うさぎドロップ」の初日舞台挨拶に登壇した。天才子役・芦田愛菜との共演を「本当にかわいくて、一緒にいるだけで癒された。僕にとっては撮影というより、癒され期間という感じであっという間だった」と述懐。ともに撮影やプロモーションをこなし、この日が“お別れ”とあって「これからもテレビを見ながら、ずっと応援します。僕のこと忘れないで」(松山)、「はい、忘れません」(芦田)。さらに感極まった松山は「子どもって素敵だな」としんみり語った。

累計発行部数170万部を突破した宇仁田ゆみの人気漫画を映画化。27歳の独身青年ダイキチ(松山)が、亡き祖父の隠し子である6歳の少女・りん(芦田)を引き取り、不器用ながら必死に“イクメン”として子育てに奮闘する。舞台挨拶が行われた東京・新宿ピカデリーをはじめ、全国110スクリーンで封切られた。

松山は劇中で老けメイクにも挑戦し、芦田と共演。「愛菜ちゃんは、別人が来たと思ったみたい。バレてなかったはず」と自画自賛するが、芦田は「えー、気付きますよー。(松山だと)わかってたんですよ」とニッコリ。丁々発止のやりとりで、親子のきずなを印象付けた。SABU監督は「松山くんも愛菜ちゃんも『楽しかった、遊んでばかりいた』って言ってくれる。その空気を作ったおれはすごいなと(笑)。株が上がっているのをヒシヒシ感じています」と自信をのぞかせた。

舞台挨拶には松山と芦田をはじめ、香里奈桐谷美玲佐藤瑠生亮(子役)、綾野剛池脇千鶴が出席。主題歌を手がける人気デュオ「PUFFY」の大貫亜美吉村由美が花束ゲストとしてサプライズ登壇した。

フォトギャラリー

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
採用情報