松ケン、芦田愛菜の才能にホレボレ「毎日、癒されていた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年6月13日 > 松ケン、芦田愛菜の才能にホレボレ「毎日、癒されていた」
メニュー

松ケン、芦田愛菜の才能にホレボレ「毎日、癒されていた」

2011年6月13日 17:06

芦田愛菜にメロメロの松山ケンイチ「うさぎドロップ」

芦田愛菜にメロメロの松山ケンイチ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 松山ケンイチ芦田愛菜が6月13日、都内で行われた初共演作「うさぎドロップ」の完成披露試写会に出席した。松山は“イクメン”役で子育てに奮闘し、「愛菜ちゃんとの共同生活から生まれたものをお芝居で表現した。愛菜ちゃんには毎日、癒されていたし、才能があふれ出ている作品」と芦田の才能にホレボレ。芦田は「休み時間に遊んでくれて、本当に優しかった」と語った。

累計発行部数82万部を突破した宇仁田ゆみの人気漫画を映画化。恋人なしの青年ダイキチ(松山)が、亡き祖父の隠し子である6歳の少女・りん(芦田)を引き取り、不器用ながら必死に育児に取り組む。松山は「ふだんは共演者と本番以外でしゃべらないのですが、今回は愛菜ちゃんとずっと一緒にいることで距離感を縮めていった。撮影というよりは遊んでいる感じ。打ち上げでも遊んでいたよね」。そして、「愛菜ちゃんの演技が軸となって、自然と生まれたものが映画に詰め込まれている」と、その演技力を手放しで絶賛した。

一方の芦田は、「楽しかったのはお遊戯会のシーン。かわいい衣装を着たり、ダンスも楽しかった。大変だったのは、お墓で泣くシーンです」と昨年8月に行われたロケの様子をはっきり記憶。6月19日の“父の日”の予定は「お父さんを驚かせたいので、秘密でーす」と子どもらしい素顔を見せた。

舞台挨拶にはシングルマザー役の香里奈、その息子を演じる子役の佐藤瑠生亮も登壇し、「この作品を通して、シングルマザーが住みやすい環境になればいいなと思う」(香里奈)、「松山さんからもらった時計を今も大事にしています」(佐藤)。メガホンをとったSABU監督は、「この4人が本当にいいんですよ。僕の自慢です」とキャスト陣をたたえた。

うさぎドロップ」は8月20日から全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi