芦田愛菜、関西弁で「うさぎドロップ」舞台挨拶 松ケン、観客はメロメロ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月13日 > 芦田愛菜、関西弁で「うさぎドロップ」舞台挨拶 松ケン、観客はメロメロ
メニュー

芦田愛菜、関西弁で「うさぎドロップ」舞台挨拶 松ケン、観客はメロメロ

2011年7月13日 13:25

芦田愛菜、関西弁であいさつ「うさぎドロップ」 芦田愛菜、関西弁であいさつ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「うさぎドロップ」の先行特別試写会が7月12日、大阪ステーションシティシネマで行われ、主演の松山ケンイチと、子役の芦田愛菜SABU監督が舞台挨拶に出席。芦田にとっては初の大阪での映画の舞台挨拶ということで、「今日は来てくれてほんまにありがとう。『うさぎドロップ』はめっちゃかわいい映画になりました。みなさん、たのしんでみてや~!」と関西弁で作品をアピール。愛くるしい芦田のパフォーマンスに、松山とSABU監督、会場の観客は終始メロメロだった。

原作は累計発行部数82万部を突破した宇仁田ゆみの人気漫画。映画は、27歳・恋人なしの青年ダイキチ(松山)が、祖父の葬儀で出会った6歳の隠し子・りん(芦田)を引き取り、不器用ながらも必死に育児に取り組む姿を描く。香里奈池脇千鶴木村了風吹ジュンらが共演している。

舞台挨拶で、夏休みの予定について問われた芦田は、「海とか花火に行きたいです!」と元気よく即答。松山は、子どものころプールでおもらしをしてしまったという残念な夏休みの思い出を告白。「なんで我慢する選択をしてしまったのか、なぜトイレに行く選択をしなかったのか。それ以来、トイレの場所はしっかり確認するようになったし、トイレに行ったらトイレットペーパーがちゃんとあるか確認するようになったし、いろいろ成長しました」としみじみ語り、会場を笑わせた。

また、この日キャスト陣は、神の使いとしてウサギを奉り、“うさぎスポット”として知られる大阪・八尾の恩智神社に、映画のヒットを祈願し絵馬を奉納した。

映画「うさぎドロップ」は、8月20日から全国で公開。

フォトギャラリー

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
採用情報