「はやぶさ」史上初“宇宙試写会”に現役宇宙飛行士が参加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月2日 > 「はやぶさ」史上初“宇宙試写会”に現役宇宙飛行士が参加
メニュー

「はやぶさ」史上初“宇宙試写会”に現役宇宙飛行士が参加

2011年7月2日 07:44

史上初の“宇宙試写会”に参加する古川宇宙飛行士「はやぶさ HAYABUSA」

史上初の“宇宙試写会”に参加する古川宇宙飛行士
画像提供:JAXA/GCTC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 宇宙飛行士の古川聡氏が、国際宇宙ステーションの「きぼう」日本実験棟で開催される「はやぶさ HAYABUSA」の“地球最速宇宙試写会”に参加することが決定。劇場公開前の作品を宇宙で鑑賞するのは、世界初の試みとなる。同試写会は、7月下旬に実施予定だ。

「きぼう」は宇宙航空研究開発機構(JAXA)が保有する実験施設で、国際宇宙ステーションで最大規模を誇る。宇宙飛行士の長期間活を可能にした、日本では初めての有人施設。同施設で実験に取り組む古川宇宙飛行士に、「はやぶさの快挙を描く映像でエールを送りたい」という映画関係者のオファーが届き、国際宇宙ステーション内での試写会が実現した。

JAXAの全面協力のもと、「20世紀少年」シリーズで知られる堤幸彦監督がメガホンをとり、竹内結子西田敏行の共演で映画化。小惑星探査機「はやぶさ」が、7年間もの月日を費やし、合計60億キロを旅した実話を描く。「はやぶさ」が実行した数々のミッションや、宇宙の壮大な映像を細部まで再現。7月1日時点で撮影は終了しており、CG合成など最後の編集作業が行われている。

アメリカ航空宇宙局(NASA)経由の衛星回線を利用してデータ通信を行い、作品映像を宇宙に送信し「フッテージ上映」が実施される。当日は、無重力空間で試写に臨む古川宇宙飛行士の映像と、「きぼう」船内の映像、音声がつくば宇宙センターに送られる。試写会終了後には、古川宇宙飛行士の感想も届けられる予定だ。史上初の宇宙試写会について堤監督は、「宇宙空間で私たちの作品を観ていただけるとは、子供の頃の夢が現実になった気分です」と喜びをあらわにした。

はやぶさ HAYABUSA」は、10月1日から全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi