“下品なのに、最高!”「ハングオーバー!!」座談会は大にぎわい : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年7月2日 > “下品なのに、最高!”「ハングオーバー!!」座談会は大にぎわい
メニュー

“下品なのに、最高!”「ハングオーバー!!」座談会は大にぎわい

2011年7月2日 07:44

ド派手なカーアクションも大きな見どころ!「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」

ド派手なカーアクションも大きな見どころ!
(c) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND LEGENDARY PICTURES
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全米での爆発的なヒットを経て、「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」が、7月1日から全国で公開された。

前作「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」は、当初日本ではビデオスルーの予定で、その状況を惜しむユーザーたちの公開署名活動によって無事に全国公開されたという経緯がある。その署名活動の発起人が、映画・音楽ライターのわたなべりんたろう氏だ。わたなべ氏は、公開に先がけて行われた6月27日の試写会で今作を鑑賞。賞賛の声を送るとともに、Twitterで呼びかけた「ハングオーバー」ファンらと座談会を行った。

座談会にはOL風の女性2人と、会社員、学生の男性2人が参加。「下品な映画ですが、いかがでしたか? ぜひ女性の意見が聞きたいです」と話を振るわたなべ氏に、女性2人は「あのバカバカしくて下品なのが大好きですね」「この映画はすごく下品なことをたくさんやっているのに、サラッと受け止めることができるんですよね。下品なのに、最高! って感じです」と笑いをこらえながら振り返った。

男性陣も、「アランが最高でしたね。ホラーの域に達していました」「前作の雰囲気を守りつつ、各々の要素がスケールアップしていて素晴らしいと思いました」と語った。

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」は、全国で公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi