スピルバーグ初の実写フル3D作品「タンタン」特報動画が公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月19日 > スピルバーグ初の実写フル3D作品「タンタン」特報動画が公開
メニュー

スピルバーグ初の実写フル3D作品「タンタン」特報動画が公開

2011年5月19日 10:00

「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」ポスター画像「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」

「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」ポスター画像
(C)2011 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界中で人気のコミック「タンタンの冒険」をベースに、スティーブン・スピルバーグ監督が実写3D映画化した「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」特報動画とポスターが公開された。

「タンタンの冒険」は、ベルギーの漫画家エルジェが1929年から連載を始めた作品で、世界各国を飛び回る少年記者タンタンと、相棒の白いフォックステリアのスノーウィが主人公の冒険物語。これまで全世界80カ国語で翻訳され、2億部以上を売り上げている。

ある日、タンタン(ジェイミー・ベル)がガラスケースに入った帆船の模型を購入すると、立て続けに2人の男がそれを高値で買い上げようとする。不審に思ったタンタンが調べると、それは17世紀に洋上で忽然と消えた船“ユニコーン号”だった。3つの模型のマストに隠されていた暗号が、ユニコーン号の財宝のありかを示していると知ったタンタンは、財宝を狙う者たちに追われながら、冒険に出る……。

本作はスピルバーグ監督にとって、初のフルデジタル3D作品となる。特報では、タンタンが模型を発見するシーンから、ユニコーン号の秘密を知ったタンタンが海を越え、砂漠へと向かう様子が描かれている。

映画化にあたり、原作のイメージを壊すことを恐れたスピルバーグは、同じくタンタンの熱烈なファンだったピーター・ジャクソンに製作を依頼。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ、また「アバター」などでアカデミー賞視覚効果賞を受賞しているプロダクション「WETA」が迫力ある映像を作り上げた。

タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」12月1日から、全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi