日プロ大賞、高良健吾主演「軽蔑」チャリティ試写会を実施 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年5月13日 > 日プロ大賞、高良健吾主演「軽蔑」チャリティ試写会を実施
メニュー

日プロ大賞、高良健吾主演「軽蔑」チャリティ試写会を実施

2011年5月13日 19:33

大高氏が注目する「軽蔑」「軽蔑」

大高氏が注目する「軽蔑」
(C)2011「軽蔑」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本映画プロフェッショナル大賞が、第20回を記念し、廣木隆一監督の最新作「軽蔑」(6月4日公開)の特別試写会を実施することになった。同試写会は無料で行い、会場内に募金箱を設置。東日本大震災への義援金を募るチャリティ試写会として開催する。

同大賞は、健闘しながらも過小評価された作品、スタッフ、キャストにスポットを当てようと意図された、映画ファンのための特別イベント。主宰者の映画ジャーナリスト・大高宏雄氏は、今回の試写会について「『軽蔑』は今年の話題作の1本。日プロも前向きに新作の応援をしたいということで、チャリティ試写会を開催させていただいた」と企画にいたった経緯を説明する。

軽蔑」は、故中上健次さんの人気小説を高良健吾鈴木杏のダブル主演で映画化。賭博で借金ばかりしている名家のひとり息子・カズと、歌舞伎町のNo.1ポールダンサー・真知子がさまざまな困難にぶち当たりながらも、命がけで純愛を貫こうとする姿を描く。

試写会は、5月31日に東京・角川シネマ新宿で行なわれる。主演の高良、鈴木、廣木監督が上映後のティーチインに参加予定。同大賞は、50組100人を招待する。応募は、nichipro@yahoo.co.jpまで。

なお、第20回日本映画プロフェッショナル大賞のベストテン1位は、満島ひかり主演「川の底からこんにちは」。個人賞は、内田有紀(主演女優賞)、高岡蒼甫(主演男優賞)、瀬々敬久(監督賞)、真利子哲也(新人監督賞)、高良健吾(新人奨励賞)、水原希子(新人奨励賞)、黒澤満(特別賞)が受賞した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi