高良健吾、朝ドラ「おひさま」で井上真央の夫に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年11月29日 > 高良健吾、朝ドラ「おひさま」で井上真央の夫に
メニュー

高良健吾、朝ドラ「おひさま」で井上真央の夫に

2010年11月29日 18:03

「おひさま」で夫婦となる井上真央と高良健吾「軽蔑」

「おひさま」で夫婦となる井上真央と高良健吾
[拡大画像]

[映画.com ニュース] NHKは11月29日、井上真央が主演する2011年3月から放送される朝の連続テレビ小説に出演する、男性キャスト4人を発表した。井上扮するヒロイン・須藤陽子の夫となる丸山和成役は、朝ドラ初出演となる高良健吾が演じることになった。

発表されたのは高良のほか、陽子の兄2人に田中圭永山絢斗、陽子の初恋相手役に金子ノブアキ。田中と永山も朝ドラに初出演で、金子は同局のドラマに初出演となる。高良は、「朝ドラといえば、自分の祖母が必ず見ていた。その画面の中に自分が映る。それだけで意義を感じています」と緊張気味。現在は主演映画「軽蔑」の役づくりで金髪だが、「撮影では黒髪、坊主にしてきます!」と宣言した。

井上は、「私は、スタッフさんに『イケメンに囲まれて羨ましい』と言われるのですが、今回も素敵な方々に囲まれてうれしく思います」とニッコリ。初共演となる高良は、まだクランクインしていないため「まだ目も見られないです。後にパートナーとなるかた。今の初々しい気持ちを大切に、皆にいいなと思ってもらえるように演じたい」と真しに話した。

小松昌代チーフプロデューサーは、高良の起用理由を「内面に熱さと温かさを同時に秘めた人。高良さんはどんな役でも圧倒的な存在感を放っているが、まだまだ私たちの見たことのない姿があるはず。それをどうしても見たいと思った」と説明。そんな高良だが、井上に対する印象は「キレイだなっていうのはもちろんですが、僕もまだ目を合わせられません。撮影では(設定が)過去へいったり未来へいったりして頭がグチャグチャになりそう。迷惑をかけます」と頭を下げていた。

長野・安曇野と松本が舞台となる同作は、戦前、戦中、戦後を“おひさま”のように明るい笑顔で人々を照らし続けた女性の一代記。激動の時代にあった日本の片隅で、常に輝き続けた陽子の姿を通し、強く優しい“日本の母”の原点を描く。

「おひさま」は、11年3月28日~9月24日の全156回。初の地上デジタル放送完全移行期放送の朝ドラとなる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi